このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナウイルス感染症について

更新日:2021年1月15日

令和2年1月16日以降、日本でも新型コロナウイルス感染症の発生が確認されています。
刈谷市では、新型コロナウイルス感染症対策を迅速かつ円滑に推進するため、刈谷市危機管理指針に基づき、令和2年2月28日(金曜)に新型コロナウイルス感染症対策本部を設置しました。

目次

1、市民の皆様へ

~新型コロナウイルス感染症の家庭内での予防~
最近は、家庭内での感染が増えてきています。そこで、家庭内での感染防止対策のチェック項目をまとめました。市民の皆さまには今一度毎日の生活を見つめなおしていただき、大切な家族を守るために家庭内での感染防止対策の徹底をお願いします。

2、新型コロナウイルス感染症が心配なとき

愛知県は、新型コロナウイルス感染症を疑う症状のある方が、かかりつけ医等の地域の医療機関に直接電話相談の上、診療・検査を受けられる体制を整えました。それに伴い、「帰国者・接触者センター」から「受診・相談センター」へ変更となりました。感染症が心配な方は以下の相談フローを参考にしてください。

【刈谷市】診療・検査医療機関(公表の了承を得られた医療機関)
医療機関名 住所 対応時間 電話番号
石川内科 刈谷市小垣江町上広11-1 月~土 9:00~12:00
月~水金 16:00~19:00
21-0135
一里山・今井病院 刈谷市一里山町中本山88番地 月 9:00~12:00
火 13:30~15:30
水金 9:00~12:00、15:00~19:00
木 9:00~11:30、13:00~17:30
26-6700
医療法人睦会 竹中耳鼻咽喉科医院 刈谷市広小路5-10

月~水金 11:00~12:00、18:00~19:00
土 11:00~13:00

23-0072

※診療・検査対応時間が変更されている場合もありますので、必ず事前に電話予約の上、医療機関の指示に従って受診してください。また、本医療機関へ「陰性証明を目的とした検査」についての問い合わせは、お控えいただきますよう、お願いします。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。愛知県 診療・検査医療機関(公表の了承を得られた医療機関)

3、受診・相談センター

かかりつけ医等を持たない場合や相談する医療機関に迷う場合は、受診・相談センター又は電話相談体制を整備した医療機関へ電話相談してください。

〈相談後、医療機関にかかるときのお願い〉
○かかりつけ医等の地域で身近な医療機関、受診・相談センターから受診を勧められた医療機関を受診してください。複数の医療機関を受診することはお控えください。
○医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

(1)受診・相談センター
設置時間 窓口 電話番号 所管区域
平日午前9時から午後5時30分 衣浦東部保健所 0566-22-1699 刈谷市、碧南市、安城市、知立市、高浜市、みよし市

平日の時間外(午後5時30分から翌午前9時まで)、土日祝日(24時間対応)

夜間・休日受診相談窓口 052-856-0315 愛知県(名古屋市、豊橋市、岡崎市、豊田市除く)

(2)愛知県救急医療情報センター
かかりつけの診療所・病院が開いていないとき、愛知県救急医療情報センターにおいても、診療・検査医療機関を案内しています。

設置時間 電話番号 管轄地域
24時間 0566-36-1133 刈谷市

(3)電話相談体制を整備した医療機関

4、一般相談窓口

症状が無い方で新型コロナウイルス感染症が心配な方は、一般相談窓口にご相談ください。

設置時間・窓口
保健所名 電話番号 所管区域

愛知県感染症対策局感染症対策課 感染症グループ

052-954-6272  
衣浦東部保健所 0566-21-4797

刈谷市、碧南市、安城市、知立市、高浜市、みよし市


平日 午前9時から午後5時まで
※愛知県感染症対策局感染症対策課感染症グループの窓口については、土日祝日も対応

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。愛知県 新型コロナウイルスに関する相談窓口

5、厚生労働省の相談窓口

電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)
受付時間:午前9時から午後9時

6、クラスター(集団)の発生リスクを下げるための3つの原則

クラスター(集団)の発生リスクを下げるための3つの原則は、
1.換気を励行する
2.人の密度を下げる
3.近距離での会話や発声、高唱を避ける
です。
イベント等の開催にあたっては、このような環境を作らないよう、感染予防の徹底に努めてください。
3月9日に開催された「新型コロナウイルス感染症対策専門家会議」において発表された見解です。
新型コロナウイルス感染症対策専門家会議(3月9日)

7、ご家族に感染が疑われる場合家庭内でご注意いただきたいこと

~8つのポイント~
(1)部屋を分けましょう
(2)感染者のお世話はできるだけ限られた方で行いましょう
(3)マスクをつけましょう
(4)こまめに手を洗いましょう
(5)換気をしましょう
(6)手で触れる共有部分を消毒しましょう
(7)汚れたリネン、衣服を洗濯しましょう
(8)ゴミは密閉して捨てましょう
※ご本人は外出を避けて下さい。
※ご家族、同居されている方も熱を測るなど、健康観察をし、不要不急の外出は避け、特に咳や発熱などの症状があるときには、職場などに行かないでください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省 ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合家庭内でご注意いただきたいこと ~8つのポイント~

8、人との接触を8割減らす、10のポイント

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省 「人との接触を8割減らす、10のポイント」を公表しました

9、感染拡大を予防する新しい生活様式について

新型コロナウイルス感染症対策には、自らを感染から守るだけでなく、自らが周囲に感染を拡大させないことが不可欠です。そのためには一人ひとりの心がけが何より重要です。
~ポイント~
●ソーシャルディスタンス(距離をとる)
●手洗い・顔洗い
●マスク・咳エチケット
●検温・体調管理
●こまめな換気
●混雑を避ける
●少人数で計画的な買い物
●大皿を避けて料理は個々に

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省 新しい生活様式

10、冬の新型コロナ感染防止等のポイント

基本的な感染防止対策の実施

○マスクを着用(ウイルスを移さない)
○人と人の距離を確保(1mを目安に)
○「5つの場面」「感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫」を参考に
詳しくは内閣府HPへ
○3密を避ける、大声を出さない

寒い環境でも換気の実施

○機械換気による常時換気を
○機械換気が設置されていない場合は、室温が下がらない範囲で常時窓開け
(窓を少し開け、室温は18℃以上を目安)
○飲食店等で可能な場合は、co2センサーを設置し、二酸化炭素濃度をモニターし、適切な換気により1000ppmを維持

適度な保湿(湿度40%以上を目安)

○換気しながら加湿を(加湿器使用や洗濯物の室内干し)
○こまめな拭き掃除を

11、厚生労働省「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」の運用開始

厚生労働省がスマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を使って新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性を通知する「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」の運用を2020年6月19日から開始しました。
この接触確認アプリが広く活用されることで、感染拡大の防止につながることが期待されます。

●アプリの概要、インストール方法、利用規約、利用者向けQ&A、プライバシーポリシーなどは、厚生労働省のWebページをご覧ください。

12、電話・オンラインによる診療について

新型コロナウイルス感染の懸念から、お手持ちの電話やスマートフォンで医療機関に相談や受診することができます。
詳しくは、厚生労働省のオンライン診療に関するホームページをご覧ください
【愛知県】オンライン診療可能な医療機関一覧(PDF:1,875KB)

13、上手な医療のかかり方について

新型コロナウイルス感染症への感染の懸念で医療機関の受診を控えていませんか?

  • 過度な受診控えは健康上のリスクを高めてしまう可能性があります。
  • コロナ渦でも健診や持病の治療、お子さまの予防接種などの健康管理は重要です。
  • 医療機関や健診会場では、換気や消毒でしっかりと感染予防対策をしています。
  • 健康に不安がある時は、まずはかかりつけ医・かかりつけ歯科医に相談しましょう。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省 上手な医療のかかり方

14、新型コロナウイルス感染拡大に伴う不安等の相談について

愛知県精神保健福祉センター(メンタルヘルスに関する相談窓口)

電話番号:052-962-5377
受付時間:平日午前9時から正午、午後1時から午後4時30分

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新型コロナウイルス感染拡大に伴う不安等のメンタルヘルス相談について

15、新型コロナウイルスに伴う不安や医療従事者への偏見に振り回されないために

新型コロナウイルス感染拡大やそれに伴う影響により、不安や疲れを感じると、ウイルスを広める危険性のない場合でも医療従事者を避けたり、拒絶するような心理が働きます。このような状況にあるときこそ、ひとりひとりが落ち着いて考え、行動することが大切です。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。愛知県 新型コロナウイルスに伴う不安や医療従事者への偏見に振り回されないために

16、医療従事者向けのこころの相談窓口について

愛知県精神保健福祉センターでは、医療従事者とそのご家族のための、新型コロナウイルスに関するこころの相談を受け付けています。
医療従事者の皆さまはとそのご家族の中には、周囲の方からの誤った知識と偏見から心無い言葉や扱いをうけ、つらい状況に置かれている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
高いストレス状態が続く場合には一人で抱え込まずに、信頼できる人や相談機関などに話を聴いてもらいましょう。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。愛知県 医療従事者とそのご家族のための新型コロナウイルスに関するこころの相談窓口

17、医療従事者の労働環境に関する相談窓口について

愛知県医療勤務環境改善支援センターでは、労働時間の適正把握や各種ハラスメント対応、医業経営の相談など勤務環境改善をサポートしています。
電話番号:052-212-5766
受付時間:平日午前9時~午後5時

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。愛知県医療勤務環境改善支援センター

18、各種労働相談窓口について

新型コロナウイルス感染症に関する労働相談窓口が労働局・労働基準監督署・ハローワークにより開設されています。
詳しくは、愛知労働局のWebページをご覧ください。

19、関連情報

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省 新型コロナウイルスに関するQ&A

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。首脳官邸 新型コロナウイルス感染症に備えて 

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。愛知県 愛知県新型コロナウイルス感染症対策サイト

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省 新型コロナウイルス感染症について

参考

コロナウイルスとは
人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

保健センター(健康推進課)
刈谷市若松町3-8-2
電話:0566-23-8877 FAX:0566-26-0505

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

健康・医療のお知らせ

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る