避難道路沿道の住宅の地震対策

ページID1003814  更新日 2021年2月25日

印刷大きな文字で印刷

昭和56年以前に建てられた避難道路沿道の住宅に対する耐震診断費・耐震改修費補助の上限額を上乗せしております!

刈谷市では、木造や非木造の住宅の地震対策を促進するために、耐震診断費・耐震改修費の補助制度を設けて支援してきました。
平成27年度から、市民のみなさまが震災時に避難場所へ円滑に避難ができるよう確保する道として選定した避難道路の沿道にあり、規定の高さを超える住宅に対しては補助の上限額に上乗せする制度を新たに追加しております。

補助金額は次のとおりです。

補助金額、上限額一覧
  一般の場合 避難道沿道の場合
木造住宅の耐震診断費の補助 無料 無料
木造住宅の耐震改修費の補助上限額 120万円 140万円
非木造住宅の耐震診断費の補助上限額 120万円 140万円
非木造住宅の耐震改修費に補助上限額 500万円 600万円

詳細は、建築課(0566-62-1021)まで問合せください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

建築課
〒448-8501
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1021 ファクス:0566-23-9331
建築課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。

このページの内容は分かりやすかったですか?