令和3年度 刈谷市がん検診

ページID1003361 

印刷大きな文字で印刷

がん検診を受けましょう

新型コロナウイルス感染症への感染の懸念により、過度に医療機関の受診を控えていませんか?

がんは、日本において死因の第1位です。2人に1人はがんにかかり、3人に1人はがんで亡くなっています。
がんは早期に発見し、早期に治療を行えば治癒する場合が多いとされています。
しかし、早期のがんは自覚症状がなく、自分ではほとんど気づきません。そのため、定期的にがん検診を受けることが大切です。
自分だけでなく、家族や大切な人のためにも、毎年がん検診を受診しましょう。

  • 受診前に希望の医療機関に予約をしてください。
  • 受診の際には、感染防止のため、マスク着用にご協力をお願いします。
  • 体調不良の場合は、必ず受診前に医療機関に電話連絡をお願いします。

刈谷市では胃がん、大腸がん、子宮がん、乳がん、前立腺がん、肺がんの検診を行っています。

受診期間

令和3年4月15日から令和4年2月28日

注意事項

  • このページに表示されている年齢は、すべて令和4年3月31日時点での年齢です。
  • 40歳以上の人でがん検診を受診するには「令和3年度刈谷市がん検診等受診券」が必要です。
    • 特定の年齢の人、令和2年度刈谷市がん検診を受けた人には、4月上旬に受診券を発送しています。
    • 受診券が送られていない人でも対象年齢の人は受診できますので、受診券がお手元に届かず、各種がん検診を希望される人は保健センターまでご連絡ください。
  • 20歳から39歳の人で子宮がん検診を受診するには「令和3年度刈谷市子宮がん検診受診票」が必要です。
    • 特定の年齢の人には4月上旬に受診票を発送しています。
    • 受診票が送られていない人でも対象年齢の人は受診できますので、受診票がお手元に届かず、子宮がん検診を希望される人は保健センターまでご連絡ください。
  • 検診受診時点で刈谷市に住民票がある人が対象です。
  • 市民税非課税世帯、生活保護受給世帯、中国残留邦人等支援給付受給世帯の人は事前申請により無料となります。詳しくは保健センターまでご連絡ください。

このページに関するお問い合わせ

保健センター(健康推進課)
〒448-0858
刈谷市若松町3丁目8番地2
電話:0566-23-8877 ファクス:0566-26-0505
保健センター(健康推進課)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。

このページの内容は分かりやすかったですか?