肝炎ウイルス検診(B型肝炎・C型肝炎)

ページID1003360  更新日 2021年4月1日

印刷大きな文字で印刷

  • 受診前に希望の医療機関に予約をしてください。
  • 受診の際には、感染防止のためマスクを着用してください。
  • 体調不良の場合は、必ず受診前に医療機関に電話連絡をお願いします。

肝炎とは、肝臓の細胞が破壊されている状態

肝炎の原因は、ウイルス性、アルコール性、自己免疫性等に分類され多様です。
肝炎ウイルスは、A型からE型まであり、日本ではB型肝炎ウイルスまたはC型肝炎ウイルス感染に起因する肝炎患者が肝炎になった人の多くを占めています。
肝臓は、「沈黙の臓器」と呼ばれるように、自覚症状がないまま症状が進行しますが、治療を行わないまま放置するとより重い肝硬変、肝がんへと進行する恐れがあります。そのため、早期発見、早期治療が重要です。

肝炎ウイルスの感染が判明した人が、医療機関を受診することにより、肝炎による健康障害の回避、症状の軽減または進行の遅延を図ることを目的としています。
肝炎ウイルスに感染すると、一部の人が慢性肝炎を発症し、治療せずに放置すると肝硬変や肝臓がんに進行するおそれがあると言われています。
今までに一度も検査を受けていない人はぜひ受けてください。

対象者

刈谷市に住民票のある40歳以上の人で、過去に検査を受けたことのない人等(令和4年3月31日時点での年齢)

受診期間

令和3年4月15日から令和4年2月28日

内容

血液検査

費用

無料

場所

注意事項

  • 特定の年齢の人には4月上旬に受診券を発送しています。
  • 受診券が送られていない人でも対象年齢の人は受診できますので、受診券がお手元に届かず、肝炎ウイルス検診を希望される人は保健センターまでご連絡ください。
  • 検診受診時点で刈谷市に住民票がある人が対象です。
  • お申し込みは、市内指定医療機関に直接お申し込みください。

肝炎ウイルス検査が陽性の場合

医療機関を受診しましょう

専門医は、愛知県ホームページ「あいち肝炎ネットワーク」に、掲載されています。

以前に肝炎ウイルス検査を受け、検査が陽性と判定されたが病院受診をしていない人は、ぜひ専門医を受診し、肝臓の状態を確認してもらいましょう。
また、肝炎についてご相談されたい人は、愛知県内にある「肝疾患相談室」にご相談ください。

愛知県肝疾患相談室 一覧
名古屋市立大学病院 052-858-7138(直通)

月曜から金曜
9時から12時、13時から16時

名古屋大学医学部付属病院 052-741-2111(代表)

月曜から金曜
9時から17時

藤田医科大学病院 0562-93-2279(直通)

月曜から金曜
9時から12時、13時から16時
土曜
9時から12時

愛知医科大学病院 0561-61-1878(直通)

月曜から金曜
9時から12時、13時から17時

※いずれも祝日・年末年始除く

愛知県の各種制度

保健所または医療機関において、無料で肝炎ウイルス検査を実施しています。
※検査対象など詳しいことは、愛知県ホームページ「あいち肝炎ネットワーク」をご覧ください。

初回精密検査・定期検査費用助成、医療費助成を行っています。
上記には、それぞれ対象となる人や条件があります。
※詳しいことは、愛知県ホームページ「あいち肝炎ネットワーク」をご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

保健センター(健康推進課)
〒448-0858
刈谷市若松町3丁目8番地2
電話:0566-23-8877 ファクス:0566-26-0505
保健センター(健康推進課)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。

このページの内容は分かりやすかったですか?