刈谷市まち・ひと・しごと創生総合戦略

ページID1004488  更新日 2021年12月27日

印刷大きな文字で印刷

刈谷市まち・ひと・しごと創生総合戦略の計画期間を延長します

 平成27年度に策定した刈谷市まち・ひと・しごと創生総合戦略は、現在策定中である第8次刈谷市総合計画の中に総合戦略の内容を包含する形で策定するとの理由で、令和元年度までの計画期間を令和2年度まで1年延長しました。

 しかし、昨今の新型コロナウイルスの感染拡大の影響を踏まえ、第8次刈谷市総合計画の策定を2年延長することになったため、改めて総合戦略の計画期間についても2年延長します。

 計画期間の延長に伴うKPI(重要業績評価指標)については、以下のPDFファイルをご覧ください。

刈谷市まち・ひと・しごと創生総合戦略を策定しました

この戦略は、「まち・ひと・しごと創生法」に基づき、人口減少・超高齢化という課題に向けての本市の考え方などを定めています。今後は、住みよい環境の確保など、自立的で持続可能な社会の実現を目指し、国と地方が一体となって推進していきます。

人口見通し

イラスト:人口の将来展望

戦略の構成イメージ

イラスト:総合戦略の基本方針

刈谷市人口ビジョン及び刈谷市まち・ひと・しごと創生総合戦略(ダウンロード)

パブリックコメントによる意見募集結果と回答

進行管理

地方創生先行型交付金事業の効果検証

地方創生先行型交付金事業の効果検証結果について公表します。

地方創生先行型交付金事業について

地方創生先行型交付金とは、地方版総合戦略の策定に先行して行う事業であって、地方版総合戦略に位置付けられる見込みのものを実施するために、国から交付された交付金です。

刈谷市においては、平成27年度に本交付金を活用し、事業(地方版総合戦略策定事業を含む)を実施するとともに、平成28年3月に策定した「刈谷市まち・ひと・しごと創生総合戦略」への位置付けを行っています。
地方創生先行型交付金事業については、当該事業の目標となる重要業績評価指標(KPI)を定め、事業終了後に事業の達成度や成果について効果検証を行うことが国から求められています。

地方創生先行型交付金事業の評価・検証については、外部有識者により評価を行うこととされているため、刈谷市行政評価委員会において一括して行いました。

地方創生推進交付金事業の効果検証

地方創生推進交付金事業の効果検証結果について公表します。

地方創生推進交付金事業について

地方創生推進交付金とは、地方版総合戦略に位置づけられた自主的・主体的で先導的な事業に対する国から交付金であり、刈谷市は平成28年度から活用しています。また、当該事業では目標となる重要業績評価指標(KPI)を定め、事業終了後に事業の達成度や成果について効果検証を行うことが国から求められています。

令和2年度地方創生推進交付金事業について、令和4年3月に刈谷市保健対策推進協議会(書面会議)及び刈谷市都市交通協議会を開催し、効果検証を行いました。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

企画政策課
〒448-8501
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-95-0003 ファクス:0566-23-1105
企画政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。

このページの内容は分かりやすかったですか?