人・農地プラン

ページID1006314  更新日 2021年2月25日

印刷大きな文字で印刷

人・農地プランとは、地域の農業者の話合いに基づき、今後の地域農業における中心経営体や将来の在り方などを明確化し、市町村によって公表されるものです。

人・農地プランの実質化について

農業者が地域の現況と将来の課題を共有し、農地の集積・集約化を進めていくために、人・農地プランの作成には以下のような手順が定められています。

  1. アンケートの実施
  2. 地図による現況把握
  3. 地域での話し合い

以上のプロセスを経て作成された人・農地プランが、実質化されたプランとして扱われます。

人・農地プランと各種支援制度について

人・農地プランで地域の中心経営体として位置づけられると、「農業次世代人材投資資金(経営開始型)」、「スーパーL資金の金利負担軽減」、「強い農業・担い手づくり総合支援交付金」の対象となるメリットがあります。

既に実質化されていると判断する地区について

農地の利用集積の状況から既に実質化されていると判断する地区について、次のとおり公表します。

(実質化済みと判断した地区においても、アンケート結果及び地図をもとに協議を実施し、令和3年2月25日に市街化区域を除く範囲で実質化を完了しました。)

人・農地プランの実質化に向けた工程表の公表について

人・農地プランの実質化を進めていくための工程表について、次のとおり公表します。

(令和3年2月25日に対象地区における実質化を完了しました。)

実質化された人・農地プランの公表

令和2年度において、市街化区域を除く範囲で「実質化された人・農地プラン」を作成しましたので公表します。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

農政課
〒448-8501
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1015 ファクス:0566-27-9652
農政課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。

このページの内容は分かりやすかったですか?