このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市美術館 KARIYA CITY ART MUSEUM
  • お問い合わせ
  • 刈谷市トップページ
  • ご案内
  • 展覧会
  • 収蔵品
  • 展示室の貸出
  • 研修室の貸出
  • 茶室・佐喜知庵
サイトメニューここまで

本文ここから

展覧会スケジュール

2020年度開催の展覧会スケジュールをご紹介します。
会期中のイベントにつきましては、各展覧会チラシ等にてお知らせします。
※展覧会の名称、会期、内容等を変更する場合があります。

ヒグチユウコ展 CIRCUS

新型コロナウイルス感染症対策のため、会期を変更しました。

【変更後会期】2020年6月2日(火曜)から7月11日(土曜)まで
【会場】第3展示室、2階ロビー
【入場料(当日)】 一般1,000円、学生800円、中学生以下は無料

空想と現実を行き交う自由な発想とタッチで、作品制作のみならず絵本の刊行など、幅広い活動をみせる画家ヒグチユウコ。初の大規模個展となる本展では、約20年の画業の中で描かれた500点を超える作品をご紹介。猫、少女、キノコ、この世ならぬ不思議ないきものたちが繰り広げる、楽しくもどこか切ないサーカスの世界をお楽しみください。

  
   
  
   
ヒグチユウコ《くまのたまご》 2017年  
(C)Yuko Higuchi

新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として、館内の密集を防ぐため、入館制限等を行います。

当日の状況によっては、入館をお断りする場合がありますので、あらかじめご了承ください。

また、マスクなど口を覆うものを身に着けてご入館ください。

その他、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策についてこちら必ずご確認ください。

常設展  どうぶつパラダイス !! -美術と絵本にみる動物表現-

新型コロナウイルス感染症対策のため、会期を変更しました。

【変更後会期】2020年7月22日(水曜)から8月23日(日曜)
【会場】特別展示室
【入場料】無料
 
当館コレクションから、心を癒す愛らしい動物、本物と見紛うリアルな動物、空想上の恐ろしい動物など、美術作品や絵本などに登場するいろいろな動物を集めて展示します。多様な視点で表現された動物たちとの出会いをお楽しみください。
 
※新型コロナウイルス感染症対策のため、会期途中で休止した前年度常設展を再展示します。
 

常設展 New Collection展 新収蔵作品を初公開!

新型コロナウイルス感染症対策のため、会期を変更しました。

【変更後会期】2020年9月1日(火曜)から9月22日(火曜・祝日) 
【会場】特別展示室、第1展示室
【入場料】無料

令和元年度の収集作品の中から、和田英作、久野真、城景都、蛇雄など、愛知ゆかりの画家をはじめ、劇団状況劇場や演劇実験室◎天井棧敷といった1960年代から隆盛したアングラ演劇のポスターなどをお披露目します。


◆詳細は こちら

村上康成の世界展 絵本表現へのチャレンジING&ワイルド・ライフ・アート

新型コロナウイルス感染症対策のため、会期を変更しました。

【変更後会期】2020年10月3日(土曜)から11月15日(日曜) 
【会場】特別展示室、第1展示室、第3展示室
【入場料】無料

「水ぎわ族」を自認する自然派アーティスト・村上康成(1955年-、岐阜県出身)。自然と深く関わり続け、リアリティーにもとづく絵本表現を追求しています。シンプルな色と形、躍動感のあるページ展開、間を活かした独特な画面構成。それが村上絵本の醍醐味であり、大きな魅力です。本展では、代表的な絵本原画をはじめ、タブローやグッズなどを展示します。
 
◆詳細は こちら

野口哲哉展 THIS IS NOT A SAMURAI

新型コロナウイルス感染症対策のため、開催を延期しました。(会期未定)

常設展 没後10年 瀬川康男展

【会期】2020年11月21日(土曜)から12月13日(日曜)
【会場】特別展示室
【入場料】無料

愛知県岡崎市生まれの日本を代表する絵本作家・瀬川康男(1932-2010年)の没後10年にあたり、当館コレクションを特集展示します。第1回ブラティスラヴァ世界絵本原画展でグランプリを受賞した『ふしぎなたけのこ』(作:松野正子、1963年)の原画や下絵を中心に、『ばけくらべ』(作:松谷みよ子、1964年)の原画、デビュー前のタブローなどを通して初期の表現世界を振り返ります。
   

常設展 絵画を愉しむ 耳をすまして

【会期】2021年1月5日(火曜)から2月14日(日曜)
【会場】特別展示室、1階ロビー
【入場料】無料
  

人びとの歌声や話し声、楽器が奏でる美しい音色、かすかな風のざわめき、雑踏のノイズなど、“音”を感じる作品を、当館コレクションの中からご紹介します。耳を傾けながら作品に向きあうと、さまざまな音が聞こえてくるでしょう。にぎやかな音の世界をお楽しみください。
  

常設展 大島哲以展 幻想絵画から書籍の仕事まで

【会期】2021年2月18日(木曜)から4月4日(日曜)
【会場】特別展示室
【入場料】無料

擬人化した動物や植物など、独特な幻想絵画を描き続けた愛知ゆかりの日本画家・大島哲以(1926-1999年)。当館コレクションの中から、絵画をはじめ、版画、児童書や時代小説の原画など、多様な領域の作品群を展示。人間の生や死、愛や性を見つめ、妖しくも優美な幻想世界を築き上げた大島の画業を振り返ります。
  
 

本文ここまで

サブナビゲーションここから

展覧会

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

刈谷市美術館

〒448-0852 愛知県刈谷市住吉町4丁目5番地 電話:0566-23-1636 FAX:0566-26-0511
Copyright © Kariya City Art Museum
フッターここまでこのページのトップに戻る