収蔵品

ページID1001317  更新日 2021年3月26日

印刷大きな文字で印刷

刈谷市美術館のコレクション

刈谷市美術館では地方の公立美術館としての役割をふまえ、地元・愛知をはじめ当地域の近・現代美術を軸にした体系的なコレクションの形成を目指し、作品の収集活動を行っています。また、近年は企画展とも連動し、絵本原画、雑誌や新聞の挿絵、グラフィック・デザインなど、さまざまなメディアや芸術分野にも積極的に拡張させていき、コレクションの拡充を図っています。

こうした当館のコレクションを大別すると、以下のとおり集約することができます。

  1. 愛知をはじめ当地域で生まれた作家、または在住した作家の作品など地元に所縁のある「郷土の美術」
  2. 郷土の重要作家をより深く理解できるようにするために収集した大正から戦前期の「近代の美術」
  3. 戦後に前衛的な活動を繰り広げた作家たちの「戦後の美術」
  4. 当館と同時代性のある優れた作家たちの「現代の美術」
  5. 「原画-絵本・雑誌、広告、ポスター等」

これら5つのキーワードが互いに絡み合って形成されたコレクションは、多彩なテーマで開催する常設展などを通し、皆さまにご紹介しています。

なお、当館では1990(平成2)年から本格的に作品収集に着手し、約30年間の収集活動を経た現在、173作家、3,583点の作品を収蔵しています。(2021年4月現在)

収蔵作品データベース

作者名、作品名、制作年、作品画像など、収蔵作品に関する情報を提供しています。
作品は、ジャンルやキーワードなどで検索することができます。

刈谷市美術館美術品審査委員会

刈谷市美術館美術品審査委員会は、美術館の資料として収集する美術品を審査する機関です。
なお、当審査委員会では会議の中で個人に関する情報が扱われるほか、作品を展示して審査することから防犯にも配慮が必要であること、作品の購入金額が審議の対象になるため作品の確保に支障を及ぼすおそれがあることから非公開となります。

会議の開催状況(令和2年度)

開催日時
令和3年1月8日(金曜日)
午後3時から5時
開催場所
研修室
議事の内容
購入・寄贈・保管替え・寄託美術品の審査について
審査対象美術品30件(購入3件、寄贈27件)を、審査委員会会場に展示し、美術館より説明のうえ、審査委員会に付議した結果、原案どおり決定した。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

美術館
〒448-0852
刈谷市住吉町4丁目5番地
電話:0566-23-1636 ファクス:0566-26-0511
美術館へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。

このページの内容は分かりやすかったですか?