このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
夢と学びの科学体験館 HANDS-ON SCIENCE MUSEUM
  • サイトマップ
  • 刈谷市トップページ
  • ご利用案内
  • プラネタリウム
  • サイエンスショー・ラボ・簡単工作
  • 館内ガイド
  • アクセス
サイトメニューここまで

本文ここから

ラボ(科学体験)

更新日:2018年3月31日

3つのラボの部屋で科学実験などの体験ができます。
色や光、音など、身近なものの中に潜む不思議を、じっくり見て、聴いて、触れることができる実験プログラムを用意しています。

開催日

土曜・日曜・祝日
月曜(月曜は不定期開催)
学校の長期休業期間(スケジュール参照)

参加費

有料(材料費をいただきます)※50円~

ラボ1

顕微鏡が使えます。平日も自由に利用できます(学習投映期間除く)。
電子顕微鏡は事前予約が必要です。
詳しくは以下をご参照ください。

ラボ2
ラボ3

様々な実験講座が体験できます。
講座メニューは期間によって変更します。

予約・受付

電子顕微鏡は前日までに電話予約が必要です。
ラボ2・3の講座は、当日の午前9時から館内で受付します。

団体利用

学校や子ども会などの団体利用にラボでの科学体験はいかがですか?

ラボ2・3での講座

※ 各講座の表示時間は所要予定時間です。必ず講座時間前にお集まりください。

平成30年3月~平成30年5月のラボ2の講座内容

3月3日から3月21日までの土日、祝日、
5月13日、20日、28日
「お絵かきバッグ」
熱で膨らむインクを使って、バッグに絵を描きます。

3月25日から3月30日
「プロペラカー」 ※数量限定
ゴムの力で動く自動車を作ります。
※ 在庫がなくなり終了しました。
※ 3月30日から「ぱたぱた飛行機」となります。

3月30日から4月5日
「ぱたぱた飛行機※数量限定
ゴムの力で飛ぶ鳥のような飛行機を作ります。

4月7日から4月22日までの土日、祝日
「グーを作ろう」
自分の手を型にとって、立体の手形を作ります。

4月28日から4月30日
「ライントレースカー」 ※数量限定
書いた線の上を動く車を作ります。

5月3日から5月6日までの土日、祝日
「マグネシウム燃料電池カー」 ※数量限定
最先端の技術を使った塩水で動く車を作ります。

 
3月2日、9日、16日、4月27日、5月25日は大人向けの講座「ライトスクラッチ」「3D砂絵」を開催。

※3月24日(土曜)、4月21日(土曜)はイベント開催のため、ラボ2の講座はございません。

平成30年3月~平成30年5月のラボ3の講座内容

3月3日から4月8日までの土日、祝日、春休み
「スイスイ船」 
スチロールでいろいろな形の船を作り、洗剤を使って動かします。
「色が変わる小麦粉粘土」
色が変わる不思議な粘土で遊びます。
 
3月3日から5月27日の土日、祝日、春休み
「弾むシャボン玉
シャボン玉を軍手の上で弾ませます。
 
4月14日から5月27日までの土日、祝日
「ぐにゃぐにゃボール」
片栗粉と水を混ぜて、不思議な手触りを楽しみます。
「化石のレプリカ」
型取り材を使って、化石のレプリカを作ります。

※3月24日(土曜)、4月21日(土曜)はイベント開催のため、ラボ3の講座はございません。

ラボ1での講座

電子顕微鏡の利用について

電子顕微鏡を使ってミクロの世界を探検しよう!
昆虫の眼や触覚、脚やはね、植物の花粉など普段見慣れたものを電子顕微鏡で見てみよう!

電子顕微鏡でいろいろな花粉を見比べてみよう!
マツやコスモス、トウモロコシやサルビアなど、同じ花粉でもまったく異なった形をしているよ。
ほかにはどのような形があるのかな?

Adobe Readerのダウンロード

Adobe Readerのダウンロード PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Readerが必要です。

お問い合わせ

夢と学びの科学体験館
刈谷市神田町1-39-3
電話:0566-24-0311 FAX:0566-25-8494

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

サイエンスショー・ラボ・簡単工作

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

夢と学びの科学体験館

〒448-0851
愛知県刈谷市神田町1丁目39番地3 電話:0566-24-0311 FAX:0566-25-8494
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る