このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
夢と学びの科学体験館 HANDS-ON SCIENCE MUSEUM
  • サイトマップ
  • 刈谷市トップページ
  • ご利用案内
  • プラネタリウム
  • サイエンスショー・ラボ・簡単工作
  • 館内ガイド
  • アクセス
サイトメニューここまで

本文ここから

ラボ(科学体験)

更新日:2018年12月1日

3つのラボの部屋で科学実験などの体験ができます。
色や光、音など、身近なものの中に潜む不思議を、じっくり見て、聴いて、触れることができる実験プログラムを用意しています。

開催日

土曜・日曜・祝日
月曜(月曜は不定期開催)
学校の長期休業期間(スケジュール参照)

参加費

有料(材料費をいただきます)※50円~

ラボ1

電子顕微鏡が使えます(300円 事前予約が必要)
詳しくは以下をご参照ください。

ラボ2
ラボ3

様々な実験講座が体験できます。
講座メニューは期間によって変更します。

予約・受付

電子顕微鏡は前日までに電話予約が必要です。
ラボ2・3の講座は、当日の午前9時から館内で受付します。

団体利用

学校や子ども会などの団体利用にラボでの科学体験はいかがですか?

ラボ2・3での講座

※ 各講座の表示時間は所要予定時間です。必ず講座時間前にお集まりください。

平成30年12月~平成31年2月のラボ2の講座内容

平成30年12月9日・16日・22日・25日・27日・28日
「ランプシェード」
風船に和紙を貼りつけ、チェンジングライトを入れると、きれいなシェードができます。乾くまでの時間(60分程度)自由時間があります。

平成30年12月23日・24日・平成31年1月20日・27日
「とことこペンギン」 ※数量限定
冬の特別企画展に関連した講座です。太陽電池で作った電気エネルギーをコンデンサーにため、とことこ歩くペンギンをつくろう。

平成31年1月4日・5日・6日・13日・14日
「飛び出るパー
型取り材にパーを入れ10分待つと手型ができます。石膏を流し掘り出すと、しわまで残る立体手形が完成します。成長の記録にどうですか。

平成31年2月2日・3日・10日・17日・24日
「ラインシェード」
よくのびる紙粘土を風船に巻きつけ、チェンジングライトを入れると、きれいなシェードができます。家で乾かして完成です。

平成30年12月~平成31年2月のラボ3の講座内容

12月中の土・日・祝・冬休み
「食塩で氷点下」 
氷に食塩を入れ、どこまで冷えるか挑戦しよう
「きらきらプチプチ」
ラメを加えた南極・北極をイメージしたプチプチをつくろう。

 
1月中の土・日・祝・冬休み
「結晶の雪
ある物質の水溶液を冷やすと、雪のような結晶が出てきます。
「きらきらプチプチ」
ラメを加えた南極・北極をイメージしたプチプチをつくろう。

2月中の土・日・祝
「ひえひえ袋」
白い粉を水に溶かすと、とても冷たくなる実験をしよう。
「きらきらプチプチ」
ラメを加えた南極・北極をイメージしたプチプチをつくろう。

ラボ1での講座

電子顕微鏡の利用について

電子顕微鏡を使ってミクロの世界を探検しよう!
昆虫の眼や触覚、脚やはね、植物の花粉など普段見慣れたものを電子顕微鏡で見てみよう!

電子顕微鏡でいろいろな花粉を見比べてみよう!
マツやコスモス、トウモロコシやサルビアなど、同じ花粉でもまったく異なった形をしているよ。
ほかにはどのような形があるのかな?

● 電子顕微鏡の利用について
土・日・祝日・夏休みなどの長期休業期間の平日は、午前中(10時~、11時~)に利用することができます(前日17時までの事前申し込みが必要)。夏休みの自由研究などにぜひご活用ください。

Adobe Readerのダウンロード

Adobe Readerのダウンロード PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Readerが必要です。

お問い合わせ

夢と学びの科学体験館
刈谷市神田町1-39-3
電話:0566-24-0311 FAX:0566-25-8494

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

サイエンスショー・ラボ・簡単工作

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

夢と学びの科学体験館

〒448-0851
愛知県刈谷市神田町1丁目39番地3 電話:0566-24-0311 FAX:0566-25-8494
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る