このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

市制施行前

更新日:2012年12月18日

旧石器時代

  • 山の神遺跡(刈谷東中学校校庭内)

縄文時代

  • 本刈谷貝塚(本刈谷神社境内)

弥生時代

  • 八王子神社貝塚(八王子神社境内)

古墳時代

  • 井ケ谷古墳(井ケ谷町大塚)、泉田古墳(泉田町宮東)

一般社会の出来事

  • 645年(大化元年)大化の改新

鎌倉時代

  • 1300年(正安2年)野田八幡宮の社殿が再建される。

室町時代

  • 1413年(応永20年)利山義聡が楞厳寺を創立する。
  • 1476年(文明8年)緒川城主水野貞守が刈谷に進出する(刈谷古城)。

戦国時代

  • 1528年(享禄元年)水野忠政の娘「於大」が生まれる。
  • 1533年(天文2年)水野氏が金ヶ小路に新城を築く。
  • 1542年(天文11年)於大が竹千代(のちの徳川家康)を生む。
  • 1544年(天文13年)織田・水野の同盟により、於大は嫁いだ岡崎の松平から離別され刈谷に戻り、椎の木屋敷で暮らす。
  • 1600年(慶長5年)水野勝成が初代刈谷藩主となる。

一般社会の出来事

  • 1560年(永禄3年)桶狭間の合戦
  • 1600年(慶長5年)関ケ原の合戦

江戸時代

  • 1778年(安永7年)秋葉神社の祭礼に万燈が奉納される。
  • 1783年(天明3年)藩士教育のため文礼館(現亀城小学校)が開かれる。
  • 1863年(文久3年)刈谷藩を脱藩した松本奎堂・宍戸弥四郎等は討幕の旗揚げとして天誅組を挙兵する。

一般社会の出来事

  • 1782年(天明2年)天明の大飢饉
  • 1853年(嘉永6年)ペリー浦賀来航

明治時代

  • 1868年(明治元年)刈谷城大手門外で多米・津田・黒田の三家老が斬殺される。
  • 1878年(明治11年)郡区町村編成法が施行され、刈谷地区は碧海郡の村々となる。
  • 1880年(明治13年)明治用水が建設される。
  • 1883年(明治16年)刈谷村に碧海郡高等学校(高等小学校)が開校する。
  • 1888年(明治21年)東海道線大府・浜松間が開通して刈谷駅が営業を開始する。
  • 1889年(明治22年)町村制施行により刈谷地区16村が刈谷町・元刈谷村・小山村・逢妻村・下重原村・小垣江村・野田村・一ツ木村・境村・逢見村の1町9村となる。
  • 1891年(明治24年)郡制施行に伴い、下重原村は重原村・半高村に、境村は境村・東境村に分割される。
  • 1906年(明治39年)町村合併により、刈谷町(刈谷町・元刈谷村・小山村・逢妻村・重原村)、富士松村(一ツ木村・境村・東境村・逢見村)、依佐美村(半高村・小垣江村・野田村)となる。
  • 1908年(明治41年)刈谷実業同志会(後の商工会)が設立される。
  • 1912年(明治45年)刈谷町に初めて電灯がともされる。

一般社会の出来事

  • 1894年(明治27年)日清戦争
  • 1904年(明治37年)日露戦争

大正時代

  • 1914年(大正3年)私鉄三河鉄道刈谷・大浜間が開通する。
  • 1915年(大正4年)私鉄三河鉄道刈谷・知立間が開通する。
  • 1919年(大正8年)愛知県立第八中学校(現刈谷高校)が開校する。
  •     〃     刈谷町に米騒動が起きる。
  • 1921年(大正10年)刈谷高等女学校(後の刈谷商業家庭高校)が開校する。
  • 1923年(大正12年)豊田佐吉が刈谷町に豊田紡織株式会社刈谷分工場を建設する。
  • 1924年(大正13年)刈谷城址で産業博覧会が開かれる。
  • 1925年(大正14年)刈谷町の人口が一万人を超える。
  • 1926年(大正15年)豊田自動織機製作所が設立される。

一般社会の出来事

  • 1914年(大正3年)第一次世界大戦開戦
  • 1923年(大正12年)関東大震災

昭和時代

  • 1929年(昭和4年)中央紡績株式会社が設立される。
  • 1930年(昭和5年)富士松村役場が竣工する。
  • 1935年(昭和10年)豊田自動織機内でトヨタ自動車第1号が完成する。
  • 1938年(昭和13年)小堤西池のカキツバタ群落が国の天然記念物に指定される。
  • 1945年(昭和20年)三河地震が発生し、小垣江で全壊100戸、半壊多数、死者1名の被害をみる。
  • 1947年(昭和22年)町立第一中学校・第二中学校が開校、衣浦幼稚園が開園する。
  •     〃      地方自治法公布により、町・村長の最初の公選が行われる。
  •     〃      刈谷地区に最初の大規模労働争議が起きる。
  • 1948年(昭和23年)トヨタ消費生活協同組合(後の刈谷生活協同組合)が発足する。
  •     〃      刈谷町文化連盟が結成される。
  • 1949年(昭和24年)町議会リコール運動が起きる。
  •     〃      刈谷町亀城グランドを改修して刈谷市営競技場ができる。
  • 1950年(昭和25年)刈谷市誕生

一般社会の出来事

  • 1929年(昭和4年)世界恐慌
  • 1931年(昭和6年)満州事変
  • 1936年(昭和11年)2・26事件
  • 1939年(昭和14年)第二次世界大戦開戦
  • 1941年(昭和16年)太平洋戦争開戦
  • 1944年(昭和19年)東南海地震
  • 1945年(昭和20年)終戦

1950年(昭和25年)~1959年(昭和34年)のページ

お問い合わせ

広報広聴課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1001 FAX:0566-23-1105

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る