このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

セーフティネット保証制度(4号:突発的災害(自然災害等))の認定

更新日:2020年7月31日

申請時のお願い

  • 認定申請ご希望の事業者の方へ

融資に関する相談を、事前に金融機関と行っていただくようお願いします。

  • 金融機関の方へ

窓口混雑緩和による感染症対策、手続きの手戻りを減らすことによる認定書発行の迅速化を図るため、申請手続きは金融機関による代理申請(金融機関ワンストップ手続き)をお願いします。


委任状(PDF:83KB)(金融機関による代理申請時添付書類)

減少率の表記について

小数点第2以下を切り捨てて表記してください。

認定書の有効期間変更について

令和2年1月29日から7月31日までに取得した認定書につきましては有効期間が令和2年8月31日まで
と、通常の有効期間を延長していましたが、8月以降に発行する認定書につきましては、
原則である認定書の発行の日から起算して30日間とする運用に戻ります。

制度について

突発的災害(自然災害等)の発生に起因して売上高等が減少している中小企業者を支援するための措置に基づき、愛知県信用保証協会を通じて事業資金の借入れを行う際に必要な認定を行います。

認定基準

市内で主たる事業を営む中小企業者であって、以下のいずれにも該当する中小企業者が措置の対象となります。

  • 申請者が、指定を受けた地域において1年間以上継続して事業を行っていること。
  • 国の指定を受けた災害等の発生に起因して、その事業に係る当該災害等の影響を受けた後、原則として最近1か月間の売上高が前年同月比で20%以上減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同期比で20%以上減少することが見込まれること。

認定基準の緩和について

認定基準について運用の緩和をしています。

緩和基準の対象となる方
  • 業歴3か月以上1年1か月未満の事業者の方
  • 前年以降の店舗増加等によって、単純な売上高等の前年比較では認定が困難な事業者の方

認定申請に必要な書類

個人の場合

  1. 認定申請書(刈谷市指定の様式)2部
  2. 4号認定計算書(認定基準の運用緩和用様式を使用の場合は、業績の悪化が確認できる資料)
  3. 許可証の写し(許認可等が必要な事業を営む場合)
  4. 直近の確定申告書の写し(必要な箇所:第一表、第二表、収支内訳書または青色決算書)
  5. 委任状(様式任意)(金融機関経由の場合)

法人の場合

  1. 認定申請書(刈谷市指定の様式)2部
  2. 4号認定計算書(認定基準の運用緩和用様式を使用の場合は、業績の悪化が確認できる資料)
  3. 許可証の写し(許認可等が必要な事業を営む場合)
  4. 直近の決算書の写し(必要な箇所:貸借対照表、損益計算書)
  5. 法人事業概況説明書の写し(決算書に含まれています。)
  6. 履歴事項全部証明書(謄本)の写し(3か月以内に取得したもの)
  7. 委任状(様式任意)(金融機関経由の場合)

様式のダウンロード

認定基準の運用緩和用様式

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

商工業振興課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1016 FAX:0566-27-9652

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る