このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市歴史博物館 KARIYA city Museum of History
  • 刈谷市トップページ
  • サイトマップ
  • Multilingual
  • 展示
  • イベント
  • 刊行物
  • 利用案内
  • フロアガイド
  • アクセス
サイトメニューここまで

本文ここから

企画展「歴史へのいざない-佐藤コレクションの魅力-」(中止)

更新日:2020年5月12日

企画展の開催を中止します
開催中止のお知らせ

 佐藤峻吉は母方の実家である刈谷市東境町の泉正寺で育った経験や、京都の印刷会社での勤務経験などから印刷物・古版本に関心を持ち、私財を投じて資料を収集したコレクターです。晩年は東境町に移り住み、刈谷市の文化財保護委員に就任し文化財行政にもたずさわりました。そうして歴史・民俗などへの興味・関心を広げるなかで形成された膨大なコレクションは、散逸を防ぎ、研究に活用され、一般の眼にも触れることを期待されて、生前に刈谷市立刈谷図書館(現刈谷市中央図書館)や名古屋市博物館・京都国立博物館などに寄贈されました。昭和51年に図書館へ寄贈された資料は『佐藤コレクション目録』として整理され、昭和53~57年にかけて9回の佐藤コレクションの展示が開催されました。
 しかし、名古屋市博物館に寄贈された約800点もの資料の中には展示の機会のない資料も数多く残されています。本コレクションは多分野にわたりますが、今回はその中から歴史資料に特化して貴重な品々をピックアップし、それぞれに関連する資料も加えて、その背景について掘り下げます。
また峻吉が幼少期・晩年を過ごした東境の泉正寺伝来資料や、西境・井ケ谷の歴史についても紹介します。

玩具絵(加藤清正 朝鮮攻の図)
玩具絵(加藤清正 朝鮮攻の図)[刈谷市中央図書館蔵]

期間

令和2年4月25日(土曜)~令和2年6月7日(日曜)  《中止》

休館日

4月27日(月曜)、4月30日(木曜)、
5月11日(月曜)、5月18日(月曜)、5月25日(月曜)、6月1日(月曜)

観覧料

無料

関連行事(いずれも無料)

【講演会】
1.「惟任(明智)光秀と丹波-その攻略と統治の展開-」  [中止]
 講師:柴 裕之氏(東洋大学文学部非常勤講師、千葉県文書館嘱託)
 日時:5月5日(火・祝) 午後1時30分~午後3時
 場所:講座室  定員:100人(先着順)

2.「秀吉と家康」  [中止]
 講師:跡部 信氏(大阪城天守閣研究副主幹)
 日時:6月6日(土曜) 午後1時30分~午後3時
 場所:講座室  定員:100人(先着順)

【体験】 
◎昔遊び(1)[工作]組立絵を作ろう [中止]
 日時:会期中の土曜・日曜・祝日
 場所:体験学習室

◎昔遊び(2)[体験]昔の双六で遊ぼう [中止]
 日時:会期中毎日
 場所:エントランス

◎昔遊び(3)[クイズラリー]判じ絵に挑戦! [中止]
 日時:会期中毎日 16時まで受付にて解答用紙を配布
 場所:エントランスほか
  ※正解数に応じて記念品を贈呈します。

【学芸員による展示説明会・ギャラリ-トーク】
◆展示説明会◆   [中止]
 日時:令和2年5月10日(日曜) 午後1時30分~午後2時30分
 場所:講座室  定員:100人(先着順)

◆ギャラリートーク◆   [中止]
 日時:令和2年4月25日(土曜)、5月31日(日曜) 午後1時30分~
 場所:企画展示室
  ※いずれも30分程度の予定です。

参考

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

歴史博物館
刈谷市逢妻町4丁目25番地1
電話:0566‐63‐6100 FAX:0566‐63‐6108

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

刈谷市歴史博物館

詳細

所在地
〒448-0838 愛知県刈谷市逢妻町4丁目25番地1
電話番号
0566-63-6100
開館時間
午前9時から午後5時まで
休館日
月曜日(月曜が祝日の場合は翌日)、祝日の翌日、年末年始など
刈谷市歴史博物館への地図
Copyright © Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまで
このページのトップへ