このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市美術館 KARIYA CITY ART MUSEUM
  • お問い合わせ
  • 刈谷市トップページ
  • ご案内
  • 展覧会
  • 収蔵品
  • 展示室の貸出
  • 研修室の貸出
  • 茶室・佐喜知庵
サイトメニューここまで

本文ここから

常設展第3期 1960-70年代のポスター -アングラ演劇を中心に-

更新日:2020年1月5日

概要

当時隆盛した天井棧敷や状況劇場などアングラ演劇を中心に、舞踏、美術、漫画、音楽関連のポスター群を展示。新進気鋭のデザイナー、イラストレーター、美術家らの強烈な個性とともに、激動した時代の熱気を当館コレクションで振り返ります。
  
  
【会期】令和2年1月7日(火曜)から令和2年2月23日(日曜)
【休館日】月曜日、1月14日(火曜)、2月12日(水曜)
【会場】特別展示室
【開館時間】午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
【入場料】無料
  
  

作品図版=横尾忠則「劇団状況劇場/腰巻お仙」ポスター1966年
(C)TADANORI YOKOO

展覧会内容の紹介

 刈谷市美術館では、絵本や雑誌などのイラストレーションの企画展をたびたび開催するとともに、こうした作品の収集を積極的に行ない、特徴的なコレクションの形成を図っています。当館が所蔵するポスターコレクションは、名古屋出身のイラストレーター・宇野亞喜良の企画展の開催(2010年)を機に始まりました。以来、宇野と同世代の作家が手がけた現代演劇のポスターを中心に拡充に努めるようになり、現在、約150点のまとまったコレクションとなっています。

 そこで今回の常設展では、こうしたポスターコレクションの中から、1960年代から70年代に焦点をあて、演劇、舞踏、美術、漫画、音楽、商品広告といった多様なジャンルのポスターを集めてご紹介します。なかでも、この時代の演劇ポスターは、気鋭のデザイナーやイラストレーター、漫画家、前衛美術家たちが手がけた斬新なものばかりで、異彩を放っています。当時の演劇界は、社会秩序や文化の変革を求める反体制的な風潮のもと、従来の演劇の概念を覆していく小劇場運動が活発化し、唐十郎の「劇団状況劇場」や寺山修司の「演劇実験室◎天井棧敷」など、アングラ演劇(アンダーグラウンド演劇)と呼ばれる前衛劇が若者たちの支持を集めました。これらの演劇のポスターは、単なる広告を超え、過激な活動のシンボルとなり、また、ポスターの制作者たちにとっては、自由な表現が存分に行える舞台となったのです。
  
 本展では、1960年代から70年代を彩る約35点のポスターや関連資料の展観を通し、その多様な表現の魅力に迫るとともに、アングラ、サイケデリック、カウンターカルチャーなど、奇抜で刺激的な文化芸術が花開いた時代の熱気を振り返ります。
  
 作品図版=宇野亞喜良「演劇実験室・天井棧敷公演 星の王子さま」ポスター 1968年
  
  

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

美術館
刈谷市住吉町4丁目5番地
電話:0566-23-1636 FAX:0566-26-0511

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

刈谷市美術館

〒448-0852 愛知県刈谷市住吉町4丁目5番地 電話:0566-23-1636 FAX:0566-26-0511
Copyright © Kariya City Art Museum
フッターここまでこのページのトップに戻る