このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市美術館 KARIYA CITY ART MUSEUM
  • お問い合わせ
  • 刈谷市トップページ
  • ご案内
  • 展覧会
  • 収蔵品
  • 展示室の貸出
  • 研修室の貸出
  • 茶室・佐喜知庵
サイトメニューここまで

本文ここから

トヨモーター展ーメイド・イン・刈谷のオートバイ物語ー 会期中のイベント

更新日:2018年8月9日

【新着情報】バイクの日(8月19日)のデモ走行に登場する車両が決定! 詳しくは下記4(1)をご確認ください。

1 講演会 トヨモータースと名古屋オートバイ王国 終了しました

本展企画協力者の冨成さんが、長年をかけて発掘、研究してきたトヨモーターや中京地区のオートバイ史についてお話ししました。
【講師】冨成一也さん(名古屋郷土二輪館館主、中部産業遺産研究会会員)
【日時】7月28日(土曜)午後2時00分から午後3時30分頃
【会場】中央図書館3階大会議室
【定員】150名(定員を超えた場合、入場をお断りします)

  • 当日先着順
  • 午後1時30分開場予定
  • 聴講無料

2 冨成一也さんによるギャラリー・トーク


会場内を巡りながら、展示資料やオートバイ史についてお話します。
【日時】8月2日(木曜)、19日(日曜)、9月1日(土曜)午後2時30分から1時間程度
【講師】冨成一也さん(名古屋郷土二輪館館主、中部産業遺産研究会会員)

  • 参加無料

3 ワークショップ 自転車やオートバイの廃材パーツでつくろう! 終了しました

いろんな形の部品を再利用し、組み合わせを工夫して、ヤジロベエや合体ロボなどを作りました。
【日時】8月4日(土曜)午後1時30分から午後3時頃
【対象】小学生
【参加者】26名
【参加費】100円

4 「バイクの日」8月19日はイベント盛りだくさん!

(1)トヨモーターのデモ走行と記念撮影

走るトヨモーターが見られる貴重な機会。どんなエンジン音で、どう操作するの?同時代の旧車オートバイもやってきます。

「トヨモーターのデモ走行と記念撮影」 紹介車両(6台)
【本展「トヨモーター展」展示車両より】

  • トヨモーターED型(60cc、1952年、トヨモータース/刈谷市)
  • トヨモーターFE.S15型(150cc、1956年、トヨモータース/刈谷市)

【愛知のオートバイ「バイクの日」特別紹介モデル】

  • キャブトンRW(350cc、1958年、みづほ自動車工業/犬山市)

【他地域のオートバイ「バイクの日」特別紹介モデル】

  • ライラックLS18タイプ2(250cc、1960年、丸正自動車製造/浜松市)
  • サンエッチHA(90cc、1954年、森銀内燃機工業/静岡市)
  • 陸王RT2型(750cc、1959年、陸王モーターサイクル/東京)

【時間】午前10時から11時頃
【会場】屋外(美術館駐車場)

  • 参加無料

【その他】

  • 雨天の場合は(1)「トヨモーターのデモ走行と記念撮影」は中止します。
  • 小雨時は、天候の状況により、紹介車両や会場など内容や規模を変更し、実施します。
  • 雨天・小雨の場合は、当日9時までに判断し、HP等でお知らせします。
  • 雨天の場合でも、その他のイベント(2)~(5)は開催します。(ただし「ミゼット」の展示・紹介は中止となります。)

(2)えほんのじかん―のりもの絵本―

のりもの絵本の読み聞かせや手あそびをします。
【時間】午前9時15分から午前9時45分、午前11時30分から午後0時
【協力】岡崎女子大学・短期大学の学生サークル・ホビットのみなさん

  • 参加無料

(3)君もメカニック!チューブタイヤのパンクを直そう

自転車整備の第一歩。パンク修理を体験してみよう。トヨモーターと同じ頃に流行した三輪小型トラック「ミゼット」と記念写真も撮れるよ。
【時間】午前11時から午前11時30分
【対象】小学生・中学生
【定員】15名程度

  • 当日9時から整理券配布(先着順)
  • 参加無料

(4)動くオモチャをつくろう

輪ゴムや風船などを使ってつくります。うまく走らせることができるかな?
【時間】午前11時から午後2時30分

  • 当日随時受付
  • 参加無料
  • 親子参加大歓迎

(5)冨成一也さんによるギャラリー・トーク

【時間】午後2時30分から午後3時30分

  • 内容等は上記「2」参照

5 ワークショップ ぽふぽふ「のりもの」できあがり!

やわらかいビニール梱包材と新聞紙で本当に乗れる乗りものをつくろう。
【日時】8月23日(木曜)

  • 午前の部 午前10時から午前11時30分
  • 午後の部 午後1時から午後2時30分

【講師】山口百子さん(美術家)
【対象】年少から年長児
【定員】各回とも20名程度
【参加費】100円

  • 午後の部のみ、参加者受付中!(若干名、先着順)
  • 詳しくはお電話にて問い合わせください。

6 担当学芸員によるギャラリートーク

展覧会の見どころをご案内します
【日時】8月3日(金曜)、24日(金曜)午後1時から40分程度

  • 申込不要
  • 参加無料

お問い合わせ

美術館
刈谷市住吉町4丁目5番地
電話:0566-23-1636 FAX:0566-26-0511

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

刈谷市美術館

〒448-0852 愛知県刈谷市住吉町4丁目5番地 電話:0566-23-1636 FAX:0566-26-0511
Copyright © Kariya City Art Museum
フッターここまでこのページのトップに戻る