このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市美術館 KARIYA CITY ART MUSEUM
  • お問い合わせ
  • 刈谷市トップページ
  • ご案内
  • 展覧会
  • 収蔵品
  • 展示室の貸出
  • 研修室の貸出
  • 茶室・佐喜知庵
サイトメニューここまで

本文ここから

平成9年度の展覧会(1997年4月から1998年3月)

更新日:2018年4月1日

臨時休館 平成9年7月1日~平成10年1月16日

館内空調設備の改修、乗用エレベーターの設置などの改修工事のため全館臨時休館としました。

人とヒト展―人々の生活と生命をみつめて―

会期:平成10年1月17日から2月22日

人間は各々のドラマや社会のなかで、さまざまな思いを抱きながら生活しています。これらは作家も同様であり、彼らは、働く人、余暇を楽しむ人、社会を通して見る人間の姿、団らんする家族、人間の存在など、人々が生きて活動するいろいろな場面を多彩な視野で見つめ描き出してきました。

これらの作品群は、当時の社会や風俗、人間模様、人々の感情などを映し出す鏡となり、さらには人間の生命も照らし出して、我々の心に強く響きます。最も身近で、尽きることなく関心を抱く存在「人間」、その生活や生命に眼差しを向けた作品を鑑賞するとき、造形性の面だけでなく、画中より発信するメッセージやエピソードと我々の心情とを通わせる視点からも見つめることは、観る者に多様な思いを呼び起こさせてくれるでしょう。

この展覧会では、人間の生活や生命を見つめた日本画・油彩画・版画など、日本近現代の作家たちによる約70点の絵画作品を展示することで、人間生活に寄せられた関心の在り処の一側面を紹介しました。

ここで紹介した作品は「自己と他者」「自分と自分」「過去と現在」「理想と現実」「社会と人」などを結ぶ架け橋となり、多彩な感性で表現された絵の中の人々と時空を超えて向かい合い、対話することによって、人間やその暮らしなど身の回りの物事について改めて見つめ直す一つの契機となるでしょう。

図録「人とヒト展―人々の生活と生命をみつめて―」販売中

チラシのダウンロードはこちらからどうぞ!

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

美術館
刈谷市住吉町4丁目5番地
電話:0566-23-1636 FAX:0566-26-0511

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

これまでの展覧会

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

刈谷市美術館

〒448-0852 愛知県刈谷市住吉町4丁目5番地 電話:0566-23-1636 FAX:0566-26-0511
Copyright © Kariya City Art Museum
フッターここまでこのページのトップに戻る