このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

住民票等への旧氏記載について

更新日:2019年10月25日

令和元年11月5日(火曜)から住民票等への旧氏記載の請求の受付を開始します。

 令和元年11月5日(火曜)から、住民票等に旧氏(旧姓)を記載するための請求手続きをすることで、住民票やマイナンバーカード等に旧氏(旧姓)を併記することができるようになります。

旧氏とは?

・「旧氏」とは、その人の過去の戸籍上の氏のことです。
・旧氏を初めて記載する場合は、本人の戸籍謄本等に記載されている過去の氏の中から、1つを選んで記載することができます。
・住民票に旧氏(旧姓)を記載するためには、受付窓口での請求が必要となります。

旧氏が記載される書類等について

住民票、住民票記載事項証明書、印鑑登録証明書、マイナンバーカード(通知カード)に記載がされます。
※旧氏は氏名と併せて公証されているものであることから、旧氏または氏の一方のみを表示することはできません。現在の戸籍上の氏と旧氏の両方が必ず記載されます。

印鑑登録について

 旧氏を記載した場合は、旧氏の文字を表した印鑑で印鑑登録をすることができます。
※ただし、契約等の際にその印鑑が使用できることを保証するものではありませんので、印鑑登録証明書等書類の提出先へご確認ください。

旧氏の変更と削除

 旧氏が不要となった場合は、削除することができます。削除後に再記載する場合には、氏が変更した場合に限り、削除後に新たに生じた旧氏を再記載することができます。
 記載されている旧氏は、結婚などで氏が変わった場合も引き続き記載されます。請求に基づき、記載する氏を「氏の変更の直前に戸籍に記載されていた氏」に変更が可能です。
 旧氏を記載した後に氏が変更されて、氏と旧氏が同一になった場合は削除の請求が必要です。

請求方法

請求できる方

・本人又は同一世帯員
 ※本人が15歳未満の場合は法定代理人(親等)による請求が必要です。
・代理人(委任状が必要)

請求に必要なもの

1 旧氏(記載・変更・削除)請求書
  窓口にて請求書を記入いただくか、下記様式より出力したものに記入してください。

2 窓口に来た方の本人確認書類
  1点確認 運転免許証、パスポート、在留カード、マイナンバーカード等の顔写真入りの身分証
  2点確認 保険証、年金手帳等
  ※通知カードは本人確認書類に含まれません。

3 旧氏が記載されている戸籍謄本等
  記載をしたい旧氏が記載されている戸籍謄本等から現在の戸籍につながるすべての戸籍謄本等(発行か
  ら2か月以内)
  ※本籍地が刈谷市の場合も必要です。提出いただいた戸籍謄本等は、還付できません。
  ※受理証明書では受付できません。

4 マイナンバーカード又は通知カード(紛失等でお持ちでない場合は、窓口でお伝えください。)

5 委任状(本人又は同一世帯員以外の場合)

受付場所

市役所市民課(1階)、富士松支所
月曜日から金曜日(祝日、年末年始は除く)
8時30分~17時15分

様式

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。総務省ホームページ

お問い合わせ

市民課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1009 FAX:0566-62-1202

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る