このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

亀城公園等整備基金について

更新日:2012年12月21日

 亀城公園は、昭和12年(1937)に開設され、開設から70年が経過しています。そのため、園内施設の老朽化や桜の樹勢の衰えがみられるようになりました。
 このことから、亀城公園の再整備を行うとともに、歴史博物館の建設及びその周辺施設を整備し、自然に親しみながら刈谷市の歴史に触れることができる魅力ある場所にすることを目的として、「亀城公園等整備基金」を設立しました。

 亀城公園の再整備は、「歴史に親しめる」、「自然の中で憩える」、「自然の中で楽しめる」の3つの視点から実施します。

亀城公園再整備の3つの基本方針

1市民が誇りに思え、郷土の歴史が感じられる公園づくり

 既存の歴史的資源である土塁や堀などをいかすとともに、刈谷城址の整備により、歴史が感じられる公園づくりを行います。

2市民の誰もが安心して憩い、安らげる心地いい公園づくり

 多くの市民が安心、安全に利用できる快適な空間づくりを進め、多様なニーズに応じた公園づくりを行います。

3自然に親しみ、自然の中で楽しめる公園づくり

 健全な桜の状態になるよう更新、伐採などを行うとともに、園路などのリニューアルにより、安心して楽しめる公園づくりを行います。

 【亀城公園再整備についての問合せ】
 公園緑地課
 電話 0566-62-1023
 Eメール kouen@city.kariya.lg.jp

刈谷市歴史博物館建設の5つの基本方針

1歴史資料の保存

 歴史・考古・民俗等、多岐にわたる貴重な歴史資料の散逸を防ぎ、保存・修復し、確実に後世に残し伝えていく役割を果たします。

2歴史資料の調査・収集・研究

 地域にある歴史資料のほか、全国に散在する刈谷に関係する資料を調査し、研究を進める中心的な役割を持ちます。

3刈谷らしさを生かした展示

 旧石器時代から現代までに培われてきた先人の知恵や工夫による暮らしと社会の仕組みを学ぶ場として、刈谷らしさを生かしたテーマを設けて展示します。また、刈谷の祭りなど地域の伝統や民俗文化財を体感して楽しめる展示を行います。

4市民参加・ボランティア参加

 祭保存会やガイドボランティアをはじめ、市民参加による歴史博物館の運営を積極的に進めます。また、住民が自分達の住む地域の歴史を大切にし、体験講座・展示案内などを通して学んでいけるよう貢献します。

5児童・生徒の歴史体験

 学校教育との連携を図るとともに、児童・生徒が歴史博物館で本物の歴史資料に触れ、様々な歴史体験をすることにより、学校とは異なる新たな学びと遊びの場を創出します。

 【歴史博物館建設についての問合せ】
 文化観光課
 電話 0566-62-1037
 Eメール bunkan@city.kariya.lg.jp

お問い合わせ

公園緑地課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1023 FAX:0566-23-9331

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る