このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

わがまちのしゃべり場11

更新日:2019年1月21日

「わがまちのしゃべり場11」無事終了しました!ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。


わがまちのしゃべり場、今年もオープンいたします!
「わがまちのしゃべり場」は、刈谷のまちがもっとよくなるために、いろいろな価値観や考え方を持つ人たちが、お互いの立場を尊重しながら想いを語り合い、共感しあう「井戸端会議」です。
まるでカフェにいるかのような雰囲気で、見知らぬ人同士でも気軽に語り合いを楽しむことができます。

今年のテーマは「まちを楽しくしてくれる人たちって、イイネ!」です。
今年は刈谷のまちを楽しくする活動をしている人たちを囲んでワイワイおしゃべりします。
以下のテーブルゲストとともに楽しく語り合いましょう。
・万燈祭の継承者
・国際交流フェスタのファンタジスタ
・泉田朝市を始めた世話役
・どろんこまつりの仕掛け人
・まちを育てるガーデナー
・小垣江ホタルの育ての親
・刈谷名物カリアンナイトを始めた人

開催情報

老若男女、どなたも楽しめる、おしゃべりの場です。初めての方も大歓迎!

■日時
平成31年1月19日(土曜) 13時~15時30分  受付開始12時30分

■場所
刈谷市民ボランティア活動センター
刈谷市東陽町1-32-2
刈谷市民交流センター1階

■対象者
刈谷のひととまちが元気になるように!と思う16歳以上の人
○市内在住・在勤・在学の人はもちろん、関心のある人なら市外の人でもOKです。
○まちづくり活動経験の有無は問いません。初参加の人も大歓迎です。
○託児室で6ヶ月以上の未就学児をお預かりします。(市内在住・在勤、在学の人のみ)

■定員
70人程度

■費用
無料

■企画・運営 
「わがまちのしゃべり場11」企画メンバー

■主催
刈谷市

■申込方法
申込用紙を、市役所の市民協働課窓口へ持参するか、ハガキ、FAX、メールのいずれかの方法で、下記の必要事項を記入し、市民協働課(448-8501 刈谷市東陽町1-1)までお送りください。
Webからもお申し込みできます。
Webでのお申込みは こちら からお願いします。 

(1)しゃべり場11
(2)氏名(フリガナ)
(3)住所
(4)電話番号

託児室で6ヶ月以上の未就学児をお預かりします。
希望する場合は、以下も書き添えていただき、平成31年1月9日(水曜)までにお申込みください。
・お子さんの氏名(フリガナ)
・性別
・生年月日

■締切
平成31年1月18日(金曜)まで
○当日は簡単な差し入れ大歓迎です!会場でみなさんにおすそわけいただけるお菓子等があれば、お持ちよりください。

しゃべり場11の進め方

1.開会・対話のウォーミングアップ
対話の心得として最低限のルールを学び、口慣らしのおしゃべりをします。

2.まちを楽しくしてくれる人から話題提供
まちを楽しくしてくれる人から、「今日お話しする事業の概要」と「楽しく活動するために工夫していること」の二つを話してもらいます。

3.おしゃべりセッション
語り合いたいテーマのテーブルに分かれて、おしゃべりタイムスタート!参加者の皆さんの気持ちと協力で、楽しい語らいの場にしましょう。
セッションは全部で2回。席替えあり。色々なテーマ&人とお話ができます。

4.振り返り
各テーブルでどんな話が出たか、全体で今日の感想を共有します。
終了後のフリータイムで、気が合った人とおしゃべり続行もOK!

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

市民協働課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-95-0002 FAX:0566-27-9652

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る