【令和3年度版】事業用次世代自動車購入費補助制度

ページID1003933  更新日 2021年4月1日

印刷大きな文字で印刷

概要

刈谷市では、地球温暖化の主な要因である温室効果ガスの排出を削減するために、次世代自動車を新車購入し、一定の要件を満たす事業者に予算の範囲内で補助金を交付します。

補助対象者

次の要件をいずれも満たす事業者

  1. 市内に事務所又は事業所を有すること
  2. 市内の事務所又は事業所において自ら使用し、自らの事業の用に供する目的で次世代自動車を新車購入すること(リースは対象となりません。
  3. 当該次世代自動車の使用の本拠が市内であること
  4. 市税を滞納していないこと

補助対象車種及び補助金額

  • 燃料電池自動車 1台につき最大40万円
    • ※車両本体価格(消費税及び地方消費税を除いた額)と一般社団法人次世代自動車振興センターが定める当該車両の基準額との差額に12分の11を乗じて得た額を、車両本体価格から差し引いた額の10%
    • ※1,000円未満の端数金額は切り捨て
  • 電気自動車及びプラグインハイブリッド自動車 1台につき15万円
  • 超小型電気自動車 1台につき最大7万円
    (搭載された電池によって駆動される電動機を原動機とする、道路運送車両法施行規則(昭和26年運輸省令第74号の規定による型式認定を取得した第一種原動機付自転車であり、かつ、道路交通法(昭和35年法律第105号)の規定による普通自動車に該当するもの。)
    • ※車両本体価格(消費税及び地方消費税を除いた額)の10%(1,000未満の端数金額は切り捨て)
    • ※同一事業者については1年度につき1台を限度とします。
      ただし、超小型電気自動車とその他補助対象車種との組み合わせは可能です。
      (例:プラグインハイブリッド自動車1台、超小型電気自動車1台)
    • ※プラグインハイブリッド自動車については排気量1800cc以下に限ります。

申請の期日

新車登録日又は標識交付年月日から90日以内に申請してください。

申請方法については、下記(事業用)事業用次世代自動車購入費補助制度パンフレットをご覧ください。

また、申請書・請求書を記入の際には、下記の【申請書・請求書記入例】を参考にしてください。
※申請は郵送ではなく、直接環境推進課までお持ちください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

環境推進課
〒448-8501
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1017 ファクス:0566-24-3481
環境推進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。

このページの内容は分かりやすかったですか?