特別の理由による任意予防接種費用を助成します

ページID1003401  更新日 2021年4月1日

印刷大きな文字で印刷

小児がん等のお子さんが骨髄移植手術、臓器移植手術、抗がん剤治療等の理由で、接種済みの定期予防接種の予防効果が期待できないと医師に判断された場合の、再接種にかかる費用を助成します。

対象者

次のすべての要件を満たす方

  1. 骨髄移植手術等の理由で、接種済みの定期予防接種の予防効果が期待できないと医師に判断されている方(医師による理由書が必要)
  2. 予防接種を受ける日において、刈谷市内に住所を有する人

助成の対象となる予防接種

過去に定期予防接種として接種したワクチン

対象年齢

BCG
4歳未満
小児用肺炎球菌
6歳未満
ヒブ
10歳未満
4種混合
15歳未満
その他
20歳未満

助成額

再接種にかかった費用(上限あり。文書料は除く。)

申請方法等

再接種前に保健センター(子育て支援課)への申請が必要です。必ず事前にご相談ください。

任意接種(自費)後、保健センターに助成の申請をしてください。

任意接種について

これは予防接種法に基づかない予防接種(任意接種)ですので、健康被害が発生した場合は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく救済となります。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

保健センター(子育て支援課)
〒448-0858
刈谷市若松町3丁目8番地2
電話:0566-23-8877 ファクス:0566-26-0505
保健センター(子育て支援課)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。

このページの内容は分かりやすかったですか?