妊婦さんや出産後の女性は「うつ病」に注意が必要です!(コロナうつ対策)

ページID1003316  更新日 2022年5月26日

印刷大きな文字で印刷

妊娠中や出産後は「うつ病」になりやすい時期です

イラスト:気分がふさいでいる様子の女性

新型コロナウイルス感染症の影響により誰もがストレスや不安から「うつ病」になるリスクが高くなっていると考えられますが、中でも心配なのが妊娠中や出産後の女性です。

女性は男性の2倍うつ病になりやすく、女性の約12人に1人がうつ病になると言われています。特に妊娠中や出産後はうつ病になりやすく、出産した女性の10人に1人は「産後うつ」になると言われているのです。

原因は?

イラスト:泣く赤ちゃんを抱っこして困っている女性

  • ホルモンバランスの急激な変化
    妊娠・出産に伴う女性ホルモンの大きな変化は、脳がストレスに耐える抵抗力を低下させます。その結果、ストレスを処理しきれなくなり、ものごとを悪くとらえる傾向が強く出ます。
  • ストレス
    妊娠中は身体の変化への戸惑いや出産・育児への不安など、出産後は出産による疲労、睡眠不足、生活環境の変化などにより、精神的に不安定になります。
  • サポート不足
    核家族化や地域のつながりの希薄化、パートナーなどの協力不足により、助けが必要な時も一人で抱え込んでしまいます。
  • 孤独
    赤ちゃんが生まれると人との交流が減ったり外出を控えるため、孤独を感じやすくなります。また、核家族化や地域のつながりの希薄化により、身近に悩みや不安を相談できる人が少ない傾向にあります。

このように、妊娠中や出産後は、誰でも「うつ病」になるリスクが高くなります。「ママになるんだから」「みんなやっているんだから」と無理をせず、つらい時や不安な時はパートナーや家族、通院中の産婦人科や保健センターなどへ相談してください。

コロナ禍の今は、特に注意が必要です!

イラスト:お医者さんと話している妊婦

もともと「うつ病」のリスクが高い、妊婦さんや出産後の女性たち。さらに追い打ちをかけるように、新型コロナウイルス感染症による様々な制限やストレスを受けています。悩みや不安は一人で抱え込まず、誰かに打ち明けましょう。また、新しい生活様式に準じた方法で、問題解決を図りましょう。

感染対策について

妊娠中に新型コロナウイルスに感染しても、基礎疾患を持たない場合、その経過は同世代の妊娠していない女性と変わらないとされています。しかし、妊娠後期に感染すると、早産率が高まり、患者本人も一部は重症化することが報告されています。

妊娠中は時期を問わず、新型コロナワクチンを接種することが可能になっています。心配がある場合は主治医にご相談ください。

働いている妊婦さんは、感染の恐れが低い作業への転換、または出勤の制限(在宅勤務等)について事業主に申し出ることができます。健診担当医にご相談ください。

出産や育児に関する情報

知識がないまま、出産や育児に臨むのは誰でも不安です。オンライン教室や電話相談などを利用して、悩みや不安を解消しましょう。情報収集する時は信頼できる情報源に限り、根拠のないデマなどに振り回されないように気をつけましょう。SNSなどを活用して、出産予定日や居住地の近い人とつながってみるのもよいかもしれません。

外出・里帰り出産

運動不足やコミュニケーション不足は心身のバランスを崩す原因になります。人混みを避けて近所を散歩したり、電話やSNSを活用して家族や親しい人と連絡を取りましょう。悩みや不安なことがあれば一人で抱え込まず、信頼できる人に相談してください。
また、妊婦健診や赤ちゃんの予防接種などは、健康のために必要なのできちんと受けましょう。

里帰り出産を希望する場合は、健診担当医や出産する医療機関とよく相談してください。感染対策のため、受診方法(帰省後2週間の自己隔離など)を定めている医療機関もあります。最新の情報をホームページ等で確認しましょう。移動の際は、なるべく公共交通機関を使わない、通勤時間帯を避けるなど、工夫しましょう。パートナーに育児休業を取得してもらうのも一つの方法です。

早めの対処が重要です!

産後数日目から感じる、軽い気持ちの落ち込みや一時的な不安感を「マタニティブルーズ」と呼びます。休んだりリラックスできれば1週間程度で回復します。

一方、「産後うつ」は産後数週間で始まり、「気分が落ち込む」「イライラする」「食欲がなくなる」「眠れない」などの症状が2週間以上続いたり、ひどくなっていきます。放っておくと症状が悪化して育児や日常生活に支障をきたすこともあり、中には自殺を図ってしまうケースもあります。
出産後1年未満のお母さんの死亡の原因で最も多いのが自殺なのです。
「つらいな」と感じたら、一人で悩まずに周りの人や保健センターや子育て支援センターなどに相談してください。

周囲の理解と協力が必要不可欠です

イラスト:抱っこした赤ちゃんを見つめる夫婦

現在のコロナ禍において、妊婦さんや出産後の女性は今まで以上に不安な毎日を送っています。安心して出産・育児に臨むために、彼女たちが置かれている状況を理解し、できる限りの配慮と協力をお願いします。

また、「うつ病」を早期発見するためにも、家族や身近な人の「気づき」が重要になります。自分では自分の状況を客観的に判断できないこともあるので、「様子がおかしいな」と感じたら声をかけ、じっくりと話をきいてください。必要に応じて保健センターや医療機関へ相談してください。

関連情報

このページに関するお問い合わせ

保健センター(健康推進課)
〒448-0858
刈谷市若松町3丁目8番地2
電話:0566-23-8877 ファクス:0566-26-0505
保健センター(健康推進課)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。

このページの内容は分かりやすかったですか?