このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

お口の健康

更新日:2020年8月27日

お口の健康はなぜ大切なのか?

歯や口は、食事をしたり会話をしたりするのに大切な役割があります。このため、歯や口の健康を維持することは、生涯を健康に過ごすための重要な要素となります。
また、むし歯むしば歯周病ししゅうびょうの予防は、歯や口の健康を保つ基本となります。生涯を通じて自分の歯で何でもよくかんで食べることができるようにするためには、子どもの時期からの正しい歯みがき習慣や食習慣しょくしゅうかんの定着、定期的な歯科健康診査の受診が大切です。

刈谷市のお口の健康の現状は?

刈谷市では、むし歯むしばのない3歳児の割合は増えており、愛知県平均に比べよい状況で改善しています
(図1)。
乳幼児期は基本的な生活習慣を身につける重要な時期です。子どものころからよくかんで食べ、正しい歯みがきの方法と、食べたら歯をみがく習慣を身につけましょう。

成人については、歯科健康診査の受診は定着してきています(図2)。一方で、40歳で歯周炎ししゅうえんにかかっている人の割合が増加傾向にあります(図3)。歯周炎ししゅうえんは40歳以降の歯の喪失に関わる大きな原因であるため、今後も定期的に歯科健康診査を受診し、かかりつけ医を持つことでトラブルのない健康なお口をめざしましょう。

平成28年度に歯周病マニュアルが改訂され、歯周病の評価が見直されたことにより、歯周炎を有する者の割合が増加したと考えられます。

お口の健康を保つためには?

よくかんで食べましょう!

よくかんで食べるといいことがたくさんあります。あごをよく動かすことで顔面の筋力の低下予防や、脳に刺激が加わり脳が活性化することで認知症予防にもなります。また脳の満腹中枢が刺激されることで、少量の食事で満腹感を得られやすくなり、食べすぎを防ぐこともできます。さらには自浄作用、抗菌作用のある唾液の分泌が促されるため、むし歯予防や口臭予防になります。

かむことのメリット。脳の働きを活発にします。肥満や生活習慣病の予防をします。唾液がたくさん出て、歯の病気を予防します。

食べたら歯をみがきましょう!

むし歯むしば歯周病予防ししゅうびょうよぼうは、なんと言っても歯みがきが一番です!食後にきちんと歯をみがきましょう。歯ブラシが届きにくい歯と歯の間には、デンタルフロスや歯間しかんブラシを使うと、より効果的なお手入れができます。

歯科健康診査を定期的に受診しましょう!

定期的に歯科健康診査を受診し、異常の早期発見に努めましょう。

8020運動はちまるにいまるうんどうを知っていますか?

8020運動はちまるにいまるうんどうとは、自分の歯が20本以上があれば何でもよくかんでおいしく食べることができるということから、80歳になっても自分の歯を20本以上保ち、健康的な生活を送ることを目的とした運動です。

お問い合わせ

保健センター(健康推進課)
刈谷市若松町3-8-2
電話:0566-23-8877 FAX:0566-26-0505

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お口の健康

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る