このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

海外での感染症予防について

更新日:2019年12月17日

海外では、日本に存在しない感染症や日本における発生よりも高い頻度で発生している感染症が報告されています。海外滞在中に感染症にかかることなく、安全で快適に旅行し、帰国することができるよう、感染症に対する正しい知識と予防に関する方法を身につけましょう。

出発前に確認しておきたいこと

渡航先で流行している感染症および渡航先での医療機関情報を入手しましょう

海外での感染症予防のポイントを確認しましょう

  • 渡航先や渡航先での行動によって異なりますが、最も感染の可能性が高いのは食べ物や水を介した消化器系の感染症です。食事は十分に火の通った信頼できるものを食べ、生水・氷・カットフルーツの入ったものを食べることは避けましょう。
  • 日本で発生していない、動物や蚊・マダニなどが媒介する病気が海外では流行していることがあります。むやみに動物に近寄ったり触らないようにしましょう。また、蚊やダニに刺されないように服装に注意し、必要があれば虫よけ剤を使うなどしましょう。
  • 人から人に広がる感染力の強い麻しん(はしか)や風しん、ポリオが流行・発生している地域があることにもご注意ください。

帰国時・帰宅後に体調が悪くなったら

帰国時

帰国後に発熱や咳、下痢など体調に不安のある場合、または、動物に咬まれたり、蚊に刺されたなど健康上心配なことがある場合は、検疫官に相談しましょう。空港や港に設置されている検疫所では、渡航者を対象に健康相談を行っています。

帰宅後

感染症には、潜伏期間(感染してから発症するまでの期間)が数日から1週間以上と長いものもあり、渡航中や帰国直後に症状がなくても、しばらくしてから具合が悪くなることがあります。
その際は、医療機関を受診し、渡航先、滞在期間、現地での飲食状況、渡航先での職歴や活動内容、動物との接触の有無、ワクチンの接種歴などについて必ず伝えましょう。

関連情報

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。海外での感染症予防について(厚生労働省)

お問い合わせ

保健センター(健康推進課)
刈谷市若松町3-8-2
電話:0566-23-8877 FAX:0566-26-0505

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

健康・医療のお知らせ

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る