コロナウイルス感染症予防のポイント 免疫力を高めよう!

ページID1003278  更新日 2021年2月25日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルスの予防には免疫力を高めておくことが大切です

新型コロナウイルス感染症の予防のためには、手洗いやマスクの着用などの咳エチケットに加えて、普段からの健康管理で体の免疫力を高めることが大切です。免疫力を高めるために必要な 適度な運動、バランスの良い食事、十分な休養の3つのポイントをご紹介します。

適度な運動

イラスト:ウォーキングする男女

自粛生活が続いて、運動不足になっていませんか?体を動かすことは、生活習慣病の予防や筋力の維持だけでなく、気分転換やストレスの発散にもつながります。家事や簡単な筋力トレーニングなどで体を動かしたり、人の少ない場所や時間帯に散歩をするなどして、適度な運動を心がけましょう。

  • 人の少ない時間や場所での散歩やウォーキング
  • 家事や庭いじりなどで体を動かす
  • 自宅や職場でできるストレッチや筋力トレーニングを行う

自宅でもできる運動を動画で見ることができます。

バランスのよい食事

イラスト:食事

食事は、量よりも質が大切です。ご飯や麺類などの主食だけで済ませてしまうのではなく、バランスのよい食事を心がけ、3食欠かさず食べましょう。次の5つの栄養素をまんべんなくとるように意識しましょう。


  • 主食(ごはん、パン、麺類)
  • 主菜(肉、魚、卵、大豆製品)
  • 副菜(野菜、きのこ、芋類、海藻類)
  • 牛乳、乳製品
  • 果物

1回の食事ですべての栄養素をとるのは難しいという方は、朝、昼、晩の3食の中や、2・3日に分けてまんべんなくとれるように意識してみましょう。

十分な休養

イラスト:太陽光を浴びて伸びをしている人

免疫力を高めるためには十分な睡眠も大切です。質のよい睡眠をとるためのポイントをご紹介します。

  • 規則正しい食事・適度な運動
  • 朝に太陽光を浴びて、体内時計を整える
  • 夕食後のコーヒーや寝酒を避ける

アルコールは入眠を一時的に促進しますが、睡眠が浅くなり、ぐっすり眠れなくなります。また、就寝前3~4時間以内にコーヒーなどでカフェインを摂取すると、入眠の妨げや眠りを浅くする可能性があるため、避けましょう。

新型コロナウイルスの感染拡大やその影響で、ストレスや不安を感じたり、眠れない方はこちらもご覧ください。

関連情報

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

保健センター(健康推進課)
〒448-0858
刈谷市若松町3丁目8番地2
電話:0566-23-8877 ファクス:0566-26-0505
保健センター(健康推進課)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。

このページの内容は分かりやすかったですか?