このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

特定疾病で長期間高額な治療が続くとき【特定疾病療養受療証】

更新日:2020年11月1日

 厚生労働大臣の指定する特定疾病で、高額な治療を長期間継続して行う必要がある人は、「特定疾病療養受療証」を医療機関の窓口に提示すれば、自己負担が1か月10,000円までになります。なお、人工透析を要する70歳未満の上位所得者(所得が600万円を超える人)は、自己負担が1か月20,000円までになります。

厚生労働大臣の指定する特定疾病

  • 先天性血液凝固因子障害の一部
  • 人工透析治療が必要な慢性腎不全
  • 血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症

申請に必要なもの

 国保年金課(刈谷市役所1階)の窓口で申請書をお渡ししますので、申請書を現在治療を行っている医療機関へ提出し、医師の署名をいただいた後、再度申請してください。なお、申請書は郵送もできますので、希望される場合は、国保年金課にご連絡ください。
 申請は、本人または同世帯に属する人が行うことができます。それ以外の人が手続きする場合は、委任状が必要です。(必要な項目が記入されていれば、手書きでも結構です。) →委任状

  • 国民健康保険被保険者証
  • 印鑑(スタンプ印不可)
  • 窓口に来る人の本人確認書類<運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなど官公署が発行した顔写真付きの本人確認書類。なお、それ以外のものについては2点以上の提示が必要です。>
  • 届出人と受療証が必要な人のマイナンバーカード(個人番号)を確認できるもの<マイナンバーカード、通知カード(記載事項に変更がない場合のみ)、マイナンバーが記載された住民票の写し・住民票記載事項証明書のいずれか>

お問い合わせ

国保年金課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1011(国民年金係) 0566-62-1206(国民健康保険係) 0566-62-1207(医療係) FAX:0566-24-2466

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

国民健康保険

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る