このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

徘徊高齢者見守りシールの配布について(行方不明高齢者等SOSネットワーク)

更新日:2018年7月1日

見守りシール(どこシル伝言板)

徘徊高齢者の衣服や持ち物などに貼られた見守りシールのQRコードを読み取ると、インターネット上の伝言板が表示されます。QRコードの読み取り時や伝言板への書き込みがあった際など、保護者へ瞬時にメールが送信されます。伝言板のやりとりは個人情報を開示することなく“発見~保護~家族への引渡し”まで安心、安全、迅速に行えます。

交付対象者

日常的に徘徊のおそれのある認知症高齢者などで、行方不明高齢者等SOSネットワークに事前登録した人。

交付枚数

対象者1人あたり下記をセットにして無料で配付します。

  • 耐洗コードラベル20枚

  180℃のアイロンで圧着します。(衣服や持ち物などに貼付)

  • 蓄光シール10枚(無料配付)

  夜間や暗い場所で発光します。(靴や杖などに貼付)

申請から利用までの流れ

事前にやること

  1. 行方不明高齢者等SOSネットワークへ事前登録をします。申請書の見守りシール希望欄に〇を付けてください。
  2. どこシル伝言板に初期登録として、ニックネームや対象者の特徴、発見通知先メールアドレス(3件まで)などを登録します。

刈谷市徘徊高齢者等SOSネットワークへの登録はこちら

対象者が行方不明になってしまったら

  1. 保護者がどこシル伝言板を使い、行方不明情報内容を入力し、投稿します。
  2. 発見者がQRコードを読み取ると、保護者あてに読み取られたことを通知するメールが届きます。また、発見者が発見情報を入力・送信することで、発見者と保護者がやりとりできる伝言板に切り替わります。伝言板上でやりとりし、保護者が迎えに行くなど対象者を保護します。
  3. お引渡し後は、伝言板を解決済にし、伝言板を消去します。

見守りシールを貼っている高齢者を見かけたら

  1. QRコードを読み取ってください。読み取ると保護者(家族)に発見の情報が伝達されます。
  2. 表示画面の指示に従って位置情報などの情報を入力してください。
  3. 保護者(家族)と伝言板を通じ、情報交換を行ってください。
  4. できる限り家族が来るまで付き添っていただくか、近くの交番まで連れて行ってください。

メール配信サービスへの登録について

徘徊高齢者の情報をメール配信サービスの防犯・学校情報で発信します。
すでに登録されている人は再度登録の必要はありません。
ぜひ、登録とご協力をお願いします。

刈谷市メール配信サービスにご登録ください

お問い合わせ

長寿課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1063(管理係・高齢福祉係)0566-62-1013(介護保険企画係・介護認定給付係) FAX:0566-24-2466

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る