国民年金 新型コロナウイルス感染症の影響による保険料の免除

ページID1006761  更新日 2021年5月13日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染症の影響により、収入源となる業務の喪失や売り上げの減少などが生じて所得が相当程度まで下がった場合は、臨時特例措置として本人申告の所得見込額を用いた簡易な手続きにより、国民年金保険料免除申請が可能となりました。

対象となる方

次のいずれにも該当する方

  1. 令和2年2月以降に、新型コロナウイルス感染症の影響により業務が失われた等により収入が減少したこと。
  2. 令和2年2月以降の所得の状況からみて、当年中の所得見込額(注釈1)が、現行の国民年金保険料の免除基準相当(注釈2)になることが見込まれること。
    • 注釈1:所得見込額は、令和2年2月以降の任意の月(収入が最も低い月など)における所得額を12か月分に換算し、見込みの経費等を控除し算出します。
    • 注釈2:免除の基準は「日本年金機構ホームページ」をご覧ください。

申請の対象となる期間

令和2年2月分以降の国民年金保険料が対象です。

国民年金保険料 免除・納付猶予の申請
令和2年2月分から令和3年6月分まで
国民年金保険料 学生納付特例の申請
令和2年2月分から令和4年3月分まで

申請方法

申請書様式や添付書類など、詳しくは「日本年金機構ホームページ」をご覧ください。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、当面の間来庁での申請はご遠慮いただき、郵送による申請にご協力ください。

送付先

〒460-8790 名古屋市中区錦1丁目18番地22 名古屋ATビル
日本年金機構 名古屋広域事務センター あて

  • 申請書様式等を郵送することもできますので、必要な方は市役所国保年金課へお電話【0566-62-1011】ください。
  • なお、申請書の記入方法等が分からない場合は、年金手帳、身分証明書、簡易な所得見込額の内容を明らかにすることができる書類(令和2年2月以降の任意の1か月分の給与明細書、契約解除通知書等の写し、事業所の業務帳簿の写しなど)を市役所国保年金課窓口までご持参ください。

このページに関するお問い合わせ

国保年金課
〒448-8501
刈谷市東陽町1丁目1番地
国民年金係 電話:0566-62-1011 国民健康保険係 電話:0566-62-1206 医療係 電話:0566-62-1207
ファクス:0566-24-2466
国保年金課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。

このページの内容は分かりやすかったですか?