刈谷市介護サービス利用継続PCR等検査費補助制度

ページID1006763  更新日 2021年4月20日

印刷大きな文字で印刷

制度の概要

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を図るとともに、介護サービス事業所の従業員および利用者の安全を守り、適切に介護サービスが提供されることを目的として立ち上げた市独自の補助制度です。当補助制度には事業者向け補助制度と個人向け補助制度の2種類があります。

事業者向け補助制度

対象事業者

新型コロナウイルス感染症の感染者が発生した市内所在の介護サービス事業所を運営する事業者
※なお、新型コロナウイルス感染症の感染対象者は当該事業所の利用者、職員その他これに準ずる者をいう。

対象検査

対象事業者が介護サービスの提供を継続するうえで必要と認め、次の1.または2.の期間までに事業者負担により事業所の従業員および利用者に令和2年11月1日以降に受検させたPCR検査または抗原定量検査(以下、PCR等検査という。)

  1. 感染者が新型コロナウイルスの感染者と診断された日から起算して30日以内
  2. 新型コロナウイルスの感染者と診断された日から30日以内に新たに新型コロナウイルスの感染者が発生した場合は、当該感染者が発生した日の前日まで

※抗体検査、抗原定性検査、その他検査キットでの検査は対象外です。

補助金の額

従業員または利用者ごとのPCR等検査費用の2分の1の合計額

上限額

  • 1検査あたり…2万円
  • 1事業所あたり…60万円

その他

  • 1,000円未満は切り捨て。
  • 補助の利用は1事業所に対して1回が原則だが、異なる事象であれば再度補助の利用は可能。
  • 行政検査により新たに新型コロナウイルスの感染者として保健所に特定された対象者は除く。

申請方法

PCR等検査を受検させた日(複数ある場合は最も早い日)から起算して30日以内に1.から3.までの書類を長寿課あてに提出すること。(郵送可)

  1. 事業者申請書兼請求書(様式第3号)
  2. PCR等検査を受けさせた者の名簿(様式第4号)
  3. 対象検査に係る領収書(事業者による支払が確認できるものに限る)

様式

個人向け補助制度

対象者

次の1.または2.の理由により、介護サービスの利用が困難となった刈谷市の介護保険被保険者

  1. 利用中の介護サービス事業所に新型コロナウイルス感染症の感染者が発生し、当該事業所が休止した。
  2. 同居家族等が新型コロナウイルスの感染者または濃厚接触者と診断された。

対象検査

現在利用中のサービスなどの利用が困難となり、その利用継続や新しいサービスの提供を確保するために、令和2年11月1日以降に自己負担で受検したPCR等検査
※抗体検査、抗原定性検査、その他検査キットは対象外です。

補助金の額

PCR等検査に要する費用の全額

上限額

4万円

その他

補助の利用は、1事象に対して1回が原則だが、異なる事象であれば再度補助の利用は可能。

申請方法

介護サービス利用者等がPCR等検査を受けた日から起算して30日以内に次の1.および2.を長寿課に提出すること(郵送可)

  1. 利用者申請書兼請求書(様式第1号)
  2. PCR等検査に係る領収書

様式

パンフレット

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

長寿課
〒448-8501
刈谷市東陽町1丁目1番地
管理係・高齢福祉係 電話:0566-62-1063 介護保険企画係・介護認定給付係 電話:0566-62-1013
ファクス:0566-24-2466
長寿課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。

このページの内容は分かりやすかったですか?