消防団活動における新型コロナウイルス感染症対策

ページID1002839  更新日 2022年3月22日

印刷大きな文字で印刷

消防団活動の基本方針について

愛知県に対し、3月21日をもって「まん延防止等重点措置」が解除されました。消防団活動は、「厳重警戒」での感染防止対策を徹底し、「新しい生活様式」((1)身体的距離の確保(2)マスクの着用(3)手洗い)を取り入れながら、引き続き「新型コロナウイルス感染症拡大防止のための消防団活動の基本方針」に基づき活動をお願いします。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のための消防団活動の基本方針

  1. 定例的な施設、車両、資機材等の点検整備や訓練は、三密(密閉、密集、密接)の対策を行い、「新しい生活様式」を取り入れながら実施すること。
  2. 不要不急の会合等は中止もしくは延期すること。
  3. 体調不良の団員は、参加させないこと。
  4. 感染及び感染疑いのある団員が出た場合は事務局へ報告すること。
  5. 新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)を活用すること。
  6. この方針は、収束するまでの当分の間での運用とするが、状況により見直しが必要となった場合はその都度周知する。

このページに関するお問い合わせ

危機管理課
〒448-8501
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1190 ファクス:0566-27-9652
危機管理課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。

このページの内容は分かりやすかったですか?