非常持出品・備蓄品

ページID1002829  更新日 2021年2月25日

印刷大きな文字で印刷

災害時のために準備するものは、家族1人1人の「非常持出品」と「備蓄品」の2つがあります。大規模な災害では、日用品などが手に入りにくくなりますので、しっかり買い置きしておきましょう。

非常持出品

性別や年齢など、同じ家族でも必要な品は人それぞれ違うので、各自で必要なものをよく考えて用意しておきましょう。

イラスト:非常持出品チェックリスト
非常持出品チェックリスト

上記の持出品のほかに女性→生理用品、視力の悪い人→めがね、持病のある人→医師の処方せん・薬なども用意をしておきましょう。

備蓄品

災害時の避難所は、自宅に危険がある場合などに避難する場所です。自宅で生活できる場合は、「自宅での避難」が基本となります。自宅で過ごす場合、電気・水道・ガスが止まっているかもしれません。なるべく普段と変わらず自宅で過ごせるよう、あらかじめ備えておきましょう。

イラスト:備蓄品チェックリスト
備蓄品チェックリスト

※自宅で避難する場合、最寄の避難所で「在宅避難者登録」をし、情報の確認のため、定期的に避難所へ足を運びましょう。

このページに関するお問い合わせ

危機管理課
〒448-8501
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1190 ファクス:0566-27-9652
危機管理課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。

このページの内容は分かりやすかったですか?