市内の防災機能を有する公園

ページID1006542  更新日 2021年2月25日

印刷大きな文字で印刷

市内の公園に設置されている防災施設を紹介します!

飲料水兼用耐震性貯水槽

写真:貯水槽

写真:ポンプ


飲料水兼用耐震性貯水槽は、市内10箇所の公園等の地下に埋設された100立方メートルの水道水を貯めることができる貯水槽です。水道本管と直結し、配水管路の一部として循環することで、常に新しい水を貯水しています。大規模災害時に配水管が壊れても、仕切弁を閉めることで、貯水した水が流出等することなく、消火活動や飲料水として使用することが可能です。貯水槽に確保された水道水は、最寄りの器具庫に保管しているポンプにより汲み上げることできます。
※下記の公園以外に上池児童遊園、五軒屋集会所敷地、北部市民センター、刈谷消防署の4箇所に設置されています。

マンホールトイレ

写真:マンホールトイレ1

写真:マンホールトイレ2


マンホールトイレは、下水道管路にあるマンホールの上に簡易な便座やテント等を設け、災害時において迅速にトイレ機能を確保するものです。マンホールトイレは、備蓄が容易な災害用トイレとして貴重な存在であり、市内11箇所の公園に10基ずつ設置されています。公園に設置されているマンホールトイレ周辺には、ソーラー照明も設置されています。
※現在、下水道の整備区域で、避難所として指定されている学校施設にもマンホールトイレを順次設置する予定をしています。(令和元年度に刈谷南中学校9基、衣浦小学校4基の計13基を設置済み)

かまどベンチ

写真:かまどベンチ1

写真:かまどベンチ2


かまどベンチは、平常時はベンチとして活用し、災害時は座面を外すことで、炊き出しができるかまどに素早く変身するベンチです。市内11箇所の公園に2基ずつ設置されています。

設置場所等
No. 名称 住所

飲料水兼用
耐震性貯水槽
設置基数(貯水量)

マンホールトイレ
設置基数

かまどベンチ
設置基数

1 亀城公園 城町1-1-1 10基 2基
2 岩ケ池公園 東境町吉野55 10基 2基
3 原崎公園 原崎町2-600

1基
(100立方メートル)

10基 2基
4 野田公園 東刈谷町2-14

1基
(100立方メートル)

10基 2基
5 青山公園 青山町1-157 10基 2基
6 狩野公園 一ツ木町2-11 10基 2基
7 日高公園 日高町5-100 10基 2基
8 小垣江公園 小垣江町蚰ケ坪33 10基 2基
9

猿渡公園
(ミササガパーク)

半城土西町2-4 10基 2基
10

フローラルガーデン
よさみ

高須町石山2-1 10基 2基
11 山崎公園 半城土中町1-16

1基
(100立方メートル)

12 ついぢ公園 築地町5-23

1基
(100立方メートル)

13 小道公園 小垣江町小道48-1

1基
(100立方メートル)

14 大手公園 大手町2-25

1基
(100立方メートル)

10基 2基

このページに関するお問い合わせ

危機管理課
〒448-8501
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1190 ファクス:0566-27-9652
危機管理課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。

このページの内容は分かりやすかったですか?