事前キャンプ感染症対策について

ページID1008295  更新日 2021年6月21日

印刷大きな文字で印刷

事前キャンプ期間中は、国(東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局)から示されている事前キャンプ地の受入れマニュアルに沿って本市の状況に則した内容で作成し、PCR検査の実施や選手団の移動時における動線の隔離をはじめ、入国から選手村入村までの対応について、この受入れマニュアルに基づいて感染症対策を実施します。

なお、このマニュアルは事前に国の承認を受けることになっており、また、選手団も本マニュアルに従い行動する旨の合意をすることで、選手団や市民の皆様にとって安心して事前キャンプを実施できるよう準備しています。

選手団の感染症対策

選手団出国時

  • 出国14日前から体調管理の記録表を作成
  • 出国前96時間以内に2回、PCR検査を行い陰性証明を取得
  • 出国前にワクチン接種を2回済ませてから来日

選手団入国時

  • 空港では一般客との動線を分離
  • 抗原検査を受けてから入国

キャンプ期間中

  • 選手団の行動範囲を練習会場(ウィングアリーナ刈谷貸切)と宿泊先(宿泊フロア貸切)に限定(移動は専用バスを使用)
  • 会場やフロアは貸切りで市民や他の利用者と接触をしないように対策
  • 毎日、PCR検査を実施

選手団に接触する人と感染症対策

選手団と接触予定の市職員は、選手団と接触する期間及び前後14日間は健康チェックを実施し、期間中は、毎日PCR検査を実施するとともに、接触を記録する行動管理表を作成します。

宿泊先のスタッフや移動用バスの運転手など他に接触する方は、市職員と同様に健康チェックなどを行うとともに、PCR検査は、国が示した基準に基づき、接触頻度応じた日数を実施します。

陽性者が出た場合の対応

選手団や市職員をはじめ関係者から万が一陽性者が出た場合は、保健所に連絡し、その指示に基づき対応します。

また、東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局へ報告するとともに、個人の特定につながる情報を除いて速やかに公表します。

〈国や組織委員会の感染症対策について(外部リンク)〉

このページに関するお問い合わせ

スポーツ課
〒448-0011
刈谷市築地町荒田1番地
電話:0566-63-6040 ファクス:0566-63-6889
スポーツ課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。

このページの内容は分かりやすかったですか?