このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

椎の木屋敷跡

更新日:2012年12月21日

銀座6丁目

 刈谷城の絵図をみると、刈谷城の北東に少し高台になっている場所があります。
 その一帯を椎の木屋敷といいます。
 椎の木屋敷は徳川家康の生母である於大が、岡崎の松平広忠に離縁されて水野家に戻された際、一時住んでいたといわれる場所です。
 江戸時代には一般の人の出入りが禁止されており、人夫がときどき清掃を行うとともに、出入り口には鍵がかかっていました。中央は窪地で、まわりが高く、椎の木が多く茂っていて、数基の五輪の棟と、地蔵尊が立っていたといわれています。

椎の木屋敷についてさらに詳しく

椎の木屋敷についてさらに詳しく知りたい方はこちらをダウンロードしてご利用ください。

Adobe Readerのダウンロード

Adobe Readerのダウンロード PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Readerが必要です。

お問い合わせ

歴史博物館
刈谷市逢妻町4丁目25番地1
電話:0566‐63‐6100 FAX:0566‐63‐6108

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る