このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

楞厳寺(りょうごんじ)

更新日:2012年12月21日

天王町6丁目

 曹洞宗の寺で、山号を神守山と号します。
 応永10年(1403)、浜松普済寺ふさいじ利山義總りざんぎそう禅師が現在の元町に海会寺かいえいじを開きました。海会寺には、禅師の徳を慕って修行者や信徒が多く集まるようになり、境内が狭くなったので、応永20年(1413)に現在の天王町に楞厳寺が建てられました。水野家はこの寺に帰信し、水野家の菩提寺となっています。
 於大おだいは、岡崎の松平氏に嫁いで竹千代(後の徳川家康)を生み、織田と今川の対立から離縁されて戻された後、阿久比あぐいの久松家へ再嫁するまでの間、しばしば参拝しており、使用の品々が寄進されています。
 「伝通院画像」は県の指定文化財、「伝通院調度品」・「華陽院画像」・「水野忠重画像」は市指定文化財、「水野家廟所」は市史跡で、平成25年度に修繕工事が行われました。

お問い合わせ

文化観光課
電話:0566-62-1037 FAX:0566-27-9652

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る