このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷城

かりやの歴史と文化

刈谷市トップページ
  • 刈谷城・刈谷藩
  • 天誅組
  • 歴史・文化
  • 築城480年記念事業(終了)
サイトメニューここまで

本文ここから

10.松秀寺

更新日:2016年12月20日

 曹洞宗の寺で、円通山と号し、本尊は釈迦牟尼仏です。寺伝によると、寛正4年(1463)十王山松秀寺と号したのをはじめとし、その後正徳5年(1715)に幡豆郡長円寺第13世通方円達和尚が当寺にきて、曹洞宗として中興開山となり、山号を円通山に改めました。
 観音堂にまつる十一面観世音菩薩立像は、延宝4年(1676)刈谷の町人太田忠右衛門長正が寄進したもので、市指定文化財になっています。
 境内には、天誅組に参加した宍戸弥四郎の墓があります。

お問い合わせ

文化観光課
電話:0566-62-1037 FAX:0566-27-9652

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日・祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る