このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
夢と学びの科学体験館 HANDS-ON SCIENCE MUSEUM
  • サイトマップ
  • 刈谷市トップページ
  • ご利用案内
  • プラネタリウム
  • サイエンスショー・ラボ・簡単工作
  • 館内ガイド
  • アクセス
サイトメニューここまで

本文ここから

プラネタリウム特別投映「星よりも、遠くへ」

更新日:2019年2月19日

平成31年3月9日(土曜)・10日(日曜)・11日(月曜)・15日(金曜)

東日本大震災の夜、大停電の被災地を満天の星が照らしていた。こんな星空を今まで見たことがない... 予想だにしない苦難とともに被災者たちが見上げたのは、星空という名の「宇宙」だった―。 震災の星空と被災者たちとの繋がりを描いた「星空とともに」の第二章となる、プラネタリウム版ドキュメンタリー作品。

「星空って何だろう」流れ星は天国へ向かう魂なのだ。その多さに耐えられなくなり目を伏せていました。あれほどつらい夜空はこれまでも
これからも決して見ることはないだろう。」

被災者から寄せられた星と震災にまつわるエピソードを元に
仙台市天文台が制作したプラネタリウム番組を
夢と学びの科学体験館で投映。
仙台市のあの日の星空とそれを見上げた人たちの想いを
約40分間の星空と朗読で綴る大人向け番組です。

日 時

平成31年3月 9日(土曜)  16時00分~16時45分
平成31年3月10日(日曜) 16時00分~16時45分
平成31年3月11日(月曜) 13時00分~13時45分
平成31年3月15日(金曜) 18時30分~19時15分

場 所 夢と学びの科学体験館 3階プラネタリウム
定 員 120名(先着順)
観覧料 無料 
申 込

当日9時より館内にて整理券を配付いたします。
※お一人様4枚まで

その他
  • 投映開始後の入場はできません。
  • 番組内容は大人向けです。
  • 星空解説はありません。
  • 駐車場の混雑が予想されますので、お時間にゆとりをもってお越しください。

Adobe Readerのダウンロード

Adobe Readerのダウンロード PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Readerが必要です。

お問い合わせ

夢と学びの科学体験館
刈谷市神田町1-39-3
電話:0566-24-0311 FAX:0566-25-8494

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

夢と学びの科学体験館

〒448-0851
愛知県刈谷市神田町1丁目39番地3 電話:0566-24-0311 FAX:0566-25-8494
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る