このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

中心市街地活性化の基本方針

いきいきとした活力あるまちづくり

刈谷駅前の再開発や商店街地区での共同化等により、中心市街地にふさわしい顔づくりを進めます。
本市の主要な来街層となっている市内企業の就業者、学生を主なターゲットにした店舗の充実等を図り、駅周辺の来街者に対する市街地内の滞留性、回遊性を強化します。
また、既存商店街地区等における店舗改装、品揃えなどの魅力化、販売戦略に関する方策や新たな業種転換等を進めます。
さらに、豊富な工業系企業の立地(ものづくりの産業)をいかしながら、新たな起業、産業の育成を図ります。

にぎわいのあるまちづくり

中心市街地のにぎわいづくりのため、地域住民のみならず、就業者、学生など来街者とも交流できる機会(施設の充実、仕掛けづくり)を充実し、人的交流ネットワークが図られる環境を整えるとともに、地域の個性のあるお祭り(万燈祭り、大名行列)や、全市民のお祭りなど、種々のイベントを盛り上げる仕掛けづくりに努めます。
中心市街地内の地区特性に配慮したまちづくりを展開し、核となる拠点施設整備や、既存施設、歴史資源などの活用とともに、これらをネットワークする回遊軸(明治用水などを活用した)づくりを進めます。
中心市街地は刈谷駅、刈谷市駅の両駅を擁し、周辺地域からの来街性を持つ交通拠点地区でもあることから、駐車場対策、交通アクセス強化、地域分断解消による交通機能強化を図ります。

住みたくなるまちづくり

特定優良賃貸住宅等による支援、共同住宅供給策などの施策を促進し、高齢化が進んでいる中心市街地において、年齢バランスのとれた居住人口の確保に努めます。
住宅供給のみならず、オープンスペース、各種施設の確保や自治活動支援等、中心市街地におけるコミュニティ形成に資する仕掛けづくりにも配慮します。
生活者、来街者双方のニーズに対応した情報機能強化、さらに文化、娯楽性の高い施設の充実などにより、中心市街地における総合的な生活サービスの向上を図ります。

安全でうるおいのあるまちづくり

古い住宅等が密集している地区における面的整備事業による居住環境の再生や市街地におけるバリアフリー化の促進、歩道やオープンスペース等、道路や交通安全施設の整備を図るなどにより、交通の安全と円滑化にも十分配慮した一体的推進により、まちの安全性、快適性の向上を図ります。
地域の歴史を伝承する要素の保全、活用により、地域に暮らすことに愛着を持ち安心して暮らせるまちづくりを目指します。
駅前地区にふさわしい景観形成、市街地の街並み形成、工場、学校などの大規模施設の敷地周りの緑化、公園緑地の整備等によるまちなかの緑化推進、ゴミ管理の徹底などによりうるおいと美観の向上を図ります。

効率的で環境にやさしいまちづくり

市の中心地区として集積された既存施設などを活かし、効率的な都市機能の充実を図ります。
歩行・自転車利用を主としたネットワークや交通規制策等の検討、新たな交通機能(コミュニティバス、ITSなど)の検討、コージェネレーション(地域冷暖房)システムの検討等により、限りあるエネルギー資源の有効利用・効率化を推進し、環境にやさしいまちづくりを目指します。

自らとりくみ、実現するまちづくり

事例視察、勉強会など各種の地元活動等に対する支援とともに、地域の自治活動の充実も図りながら、継続的なまちづくり活動の担い手となる人材の育成や、人的ネットワークの充実を図ります。
また、こうした活動を通し、市民一人ひとりが中心市街地のまちづくりの担い手となることで、自らのまちへの愛着づくり、来街者へのおもてなしの心を育てていきます。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

中心市街地活性化

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る