このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市美術館 KARIYA CITY ART MUSEUM
  • お問い合わせ
  • 刈谷市トップページ
  • ご案内
  • 展覧会
  • 収蔵品
  • 展示室の貸出
  • 研修室の貸出
  • 茶室・佐喜知庵
サイトメニューここまで

本文ここから

常設展 大島哲以展 幻想絵画から書籍の仕事まで

更新日:2021年2月18日


会期
令和3年2月18日(木曜)から4月4日(日曜)
午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
 
休館日
月曜日、2月24日(水曜)
 
会場
特別展示室
 
入場無料
  

  
幻想世界を描き続けた異能の日本画家、大島哲以おおしまてつい(1926-1999年)の画業を振り返る特集展示を行います。絵画や版画をはじめ、児童書の挿絵や時代小説の装画など、多様なジャンルの作品を関連資料とともに紹介します。 
  
大島哲以は、1926年に名古屋市で生まれ、幼い頃に岐阜、大阪に転居し、父の影響で美術や音楽、文学に親しみました。大阪理工科大学(現・近畿大学)在学中に終戦を迎え、1948年に画家を志して日本画家・中村貞以なかむら ていいに師事、院展に風景画などを出品し、画家として歩み始めます。1960年からは、新制作協会展に日本の民話や祭りを題材にした作品を発表しました。
  

  
やがて現実社会に眼差しを向けるようになり、獣や花が融合した異形の人間たちがうごめく奇怪な幻想世界を確立し、異彩を放ちました。鬼才の新人として、現代日本美術展、日本国際美術展など日本の代表的な美術展で活躍する一方、美術評論家・針生一郎はりう いちろうが企画した「これが日本画だ展」に出品するなど、新しい日本画を希求する運動にも意欲的に参加しました。
  


1969年に新制作協会を脱退すると、1971年から1年間、文化庁研修員としてウィーンに留学。欧州各地を巡り、幻想絵画の巨匠・フックスから西洋絵画の混合技法を学びます。1970年代以降、これまでの社会批判を込めた妖異よういな画風は、愛やエロスを主題に女性を描く優美なものへと大きく転換し、幻想性が深化していきました。
 

  
「人間の真実なものはすべて、美しいとわたしは思います。それが、醜いもの汚いもの、グロテスクなものであっても」と大島は語ります。人間の苦悩や愚行、生と死、愛やエロスといった本能から目をそらさず、ひたすら人間と自己を探求し続けることで幻視された世界をどうぞご覧ください。
 

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

美術館
刈谷市住吉町4丁目5番地
電話:0566-23-1636 FAX:0566-26-0511

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

刈谷市美術館

〒448-0852 愛知県刈谷市住吉町4丁目5番地 電話:0566-23-1636 FAX:0566-26-0511
Copyright © Kariya City Art Museum
フッターここまでこのページのトップに戻る