このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

児童扶養手当と公的年金給付等の併給制限の見直し

更新日:2017年4月1日

平成26年12月1日から「児童扶養手当法」の一部が改正されます

これまで、公的年金を受給する方は児童扶養手当を受給できませんでしたが、平成26年12月以降は、年金額が児童扶養手当額より低い方は、その差額分の児童扶養手当を受給できるようになります。なお、児童扶養手当を受給するためには、申請が必要となります。
公的年金・・・・遺族年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など

今回の改正により新たに手当を受け取れる場合(例)

・お子さんを養育している祖父等が、低額の老齢年金を受給している場合
・父子家庭で、お子さんが低額の遺族厚生年金のみを受給している場合
・母子家庭で、離婚後に父が死亡し、お子さんが低額の遺族厚生年金のみを受給している場合 など

<参考:児童扶養手当の月額>(平成29年4月から)

児童の数

全部支給の場合 一部支給の場合
1人

42,290円

42,280円から9,980円
2人 9,990円を加算 9,980円から5,000円を加算
3人 5,990円を加算 5,980円から3,000円を加算

※一部支給の金額は、受給者及び扶養義務者の所得に応じて決定されます。


受給している年金額が手当額よりも低いかどうかは、年金受給額が確認できるものをご用意のうえ、子育て推進課へご相談ください。

新たに手当を受給するためには

・申請手続き
児童扶養手当を受給するためには、子育て推進課への申請が必要です。
・支給開始日
手当は申請の翌月分から支給開始となります。

関連情報

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省ホームページ(外部リンク)

Adobe Readerのダウンロード

Adobe Readerのダウンロード PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Readerが必要です。

お問い合わせ

子育て推進課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1061 FAX:0566-24-3481

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る