このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

長期優良住宅について

更新日:2015年4月1日

[1]長期優良住宅とは

 長期優良住宅の普及に関する法律(平成20年法律第87号)に規定する、長期にわたり良好な状態で使用するための措置が、その構造及び設備について講じられた優良な住宅のことをいいます。長期優良住宅の建築・維持保全をしようとする方、当該住宅の建築及び維持保全に関する計画(長期優良住宅建築等計画)を作成し、所管行政庁の認定を申請することができます。なお、法律の施行日は平成21年6月4日です。

[2]認定基準

○刈谷市において長期優良住宅建築等計画の認定を行うためには、当該住宅が下記の基準を満たしていることが必要です。
○長期使用構造等であること(以下の項目について「長期使用構造等とするための措置及び維持保全の方法の基準」(平成21年国土交通省告示第209号)を満たすこと)

  • 劣化対策
  • 耐震性
  • 維持管理・更新の容易性
  • 可変性
  • バリアフリー性
  • 省エネルギー性
  • 維持保全の方法

○住戸面積(1戸あたり)※少なくとも1の階の床面積が40平方メートル以上(階段部分を除く面積)〔戸建住宅〕75平方メートル以上〔共同住宅〕55平方メートル以上
○居住環境の維持及び向上への配慮

  • 小垣江子竿地区計画、住吉地区計画、刈谷駅南口地区計画、天王町地区計画内においては、愛知県の居住環境基準を参照してください。
  • 区画整理区域内においては、区画整理法第76条の手続きが済んでいること。


○建築後の住宅の維持保全の期間が30年以上であること
○資金計画が建築・維持保全を遂行するため適切なものであること

[3]長期優良住宅建築等計画の認定申請手続き・申請手数料

=申請の基本的な流れ=

 住宅建設工事の着工前に長期優良住宅建築等計画認定申請書を「登録住宅性能評価機関」に提出し、認定基準に適合しているかどうかの技術的審査を受けてください。当該機関による適合証を添付し、刈谷市建築課に申請をしていただきます。(刈谷市でも技術的審査は可能ですが、「登録住宅性能評価機関」での審査にご協力ください)

=申請手数料=

認定申請手数料額一覧

建築物の総戸数

適合証を添付して申請する場合

設計住宅性能評価書を用いて申請する場合 刈谷市へ直接申請する場合

一戸建て住宅の場合

17,300円

22,500円

64,800円
共同住宅等(1~5戸) 24,600円 63,000円

139,100円

共同住宅等(6戸~) 35,900円 96,600円 216,700円

[4]変更認定申請手数料

  • 対象となる変更認定申請は、長期優良住宅の普及の促進に関する法律(以下「法」)第8条第1項に基づく変更認定申請となります。

※法第9条第1項(譲受人を決定した場合における変更の認定申請)、法第10条第1項(地位の継承申請)、長期優良住宅の普及の促進に関する法律施行規則第7条に基づく軽微な変更については、手数料は必要ありません。
※ご不明な点がございましたら、申請前に電話にてご相談ください。(0566-62-1021)

変更認定申請手数料額一覧

建築物の総戸数

適合証を添付して申請する場合

設計住宅性能評価書を用いて申請する場合 刈谷市へ直接申請する場合

一戸建て住宅の場合

4,000円

8,200円

25,300円
共同住宅等(1~5戸) 8,000円 29,100円 59,200円
共同住宅等(6戸~) 13,900円 46,700円 94,800円

共同住宅等の戸当り手数料は、同時に申請が行われる住戸の数で除して得た額。(除した後、100円未満切捨て)

[5]認定長期優良住宅に係る税制上の特例措置

認定を受けた長期優良住宅建築等計画に基づき建築及び維持保全が行われる住宅(認定長期優良住宅)については、以下の税制の特例が適用されます。
【国税】
 1 住宅ローン減税制度における優遇措置
 2 投資型減税措置
 3 登録免許税の控除措置
【地方税】
 1 不動産取得税の減額措置
 2 固定資産税の減額措置

国土交通省の「長期優良住宅に関するホームページ」はコチラ(外部サイトへリンク 新規ウィンドウで開きます)から入れます。

認定申請に係る様式はコチラ(外部サイトへリンク 新規ウィンドウで開きます)です。(愛知県と様式は同じです。)

長期優良住宅認定に関する不正事案についてはコチラ(外部サイトへリンク 新規ウィンドウで開きます)です。
これに伴い、完了報告の際に、建築確認の検査済証及び工事完了後の全景写真を添付して下さい。

[6]維持保全に関する重要なお知らせ

維持保全状況等の確認の取組みを始めます。
 長期優良住宅は、「長く住み続けられる住宅」として建てられています。そのために、定期的な点検や修繕等を行う必要があることが法律で定められています。
 そのことから、所管行政庁は、お住まいの方に工事内容や維持保全の状況について報告を求めることができることになっています。
愛知県内の所管行政庁では、長期優良住宅を建築して5年、10年、20年、30年を経過した住宅を対象に、その住宅にお住まいの方のうち、一定の割合の方を抽出して調査する(報告を求める)ことになりました。
「長期優良住宅の維持保全のすすめ」等を参考に、この機会に、是非維持保全の大切さを家族の皆さまとお話してください。
報告を求められた方は、「長期優良住宅の維持保全状況等報告書」により報告をお願いします。
 また、維持保全状況に係る報告徴収に関するQ&Aを参考にしてください。

Adobe Readerのダウンロード

Adobe Readerのダウンロード PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Readerが必要です。

お問い合わせ

建築課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1021 FAX:0566-23-9331

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る