このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

狂犬病予防注射

更新日:2016年4月1日

狂犬病とは?

 犬に限らず、人間を含めたすべてのほ乳類に感染し、発症するとほぼ100%死亡する危険な感染症です。
 日本では1957年以降、発生していませんが、全世界で年間約3~5万人もの人が感染し、死亡していると推計されています。
 中でもアジアで多発しており、インドや中国で多くの死者がでています。また、一時は根絶していた韓国でも再発生しています。
 諸外国から様々な動物が数多く輸入されている現在、常に狂犬病が日本に侵入する危険性があります。

狂犬病予防法では

「犬の所有者は、狂犬病の予防注射を毎年1回受けさせなければならない
そして、「市から交付された注射済票を犬に着けなければならない」と義務付けられています。
行わなかった場合は、20万円以下の罰金に処されます。

予防注射を受けられる場所

 ○狂犬病予防集合注射会場(毎年4月頃)
 * 注射料金は、1頭2,850円です。
 * 狂犬病予防注射済票をその場で交付します。
   交付手数料は、1頭550円です。
 ○動物病院(通年)
 * 注射料金は、各動物病院にお問い合わせください。
 * 狂犬病予防注射済票は、指定動物病院ではその場で交付されます。
 その他の動物病院で予防注射を受けられた場合は、動物病院発行の「狂犬病予防注射済証」を環境推進課までお持ちいただき、注射済票(プレート)の交付を受けてください。
 狂犬病予防注射済票の交付を受けないと、予防注射を打ったということが市では確認できず、法的には予防注射を打っていないと判断されてしまいます。
 狂犬病予防注射済票交付手数料は、1頭550円です。

ダウンロード

Adobe Readerのダウンロード

Adobe Readerのダウンロード PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Readerが必要です。

お問い合わせ

環境推進課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1017 FAX:0566-24-3481

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る