このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

給水装置におけるクロスコネクション(誤接合)の防止について

更新日:2017年9月8日

給水装置におけるクロスコネクション(誤接合)の防止について

あなたのご家庭、事業所での配管は大丈夫ですか?

「水道の給水管」と「井戸水など水道以外の管」が直接連結されていませんか?
これは、クロスコネクション(誤接合)と言い、井戸水などが水道本管へ流入し、水質汚染につながることも考えられるため、水道法により固く「禁止」されています。
また、バルブを設置し、必要に応じて水道水と井戸水などを切り替えて使用されているような状態もクロスコネクションになります。

なぜ禁止されているのか?

水道の給水管と井戸水などの管が直結されていると、バルブの故障や操作不良、閉め忘れなどにより、井戸水などが水道本管に流入することがあります。
この水が汚染されていた場合、周辺のご家庭では飲用に適さない危険な水を飲んでしまうばかりでなく、最悪の場合、伝染病などを広範囲に引き起こしてしまうことになります。

クロスコネクションになっていることが確認された場合は?

クロスコネクションが発見された場合には、水道課(電話62-1028)に連絡してください。また、市指定給水装置工事事業者に連絡し、速やかに水道の給水管から井戸水などの管を切り離してください。
クロスコネクションが速やかに改善されない場合は、管を切り離したことが確認できるまでの間、水道法等に基づき、給水を停止することがあります。

安心・安全な水道水を確保するために、一人ひとりルールを守った正しい利用をお願いします。

お問い合わせ

水道課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1028 FAX:0566-23-2087

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る