このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

税務証明交付申請書(所得・納税・固定資産・事業所)

更新日:2020年11月1日

書式のダウンロード

説明

  • 「所得に関する証明書」、「納税に関する証明書」、「固定資産に関する証明書」、「事業所証明書」の交付申請をするときに使用する申請書です。2ページ目が委任状の様式になっていますので、必要に応じてご利用ください。

所得に関する証明書について

  • 1年間(1月1日から12月31日まで)の所得額及びその所得額を基礎として算定した市県民税(住民税と呼ばれることもあります。)の課税額を証明するものです。
  • 市県民税は、前年の所得額に課税するものです。そのため、課税年度が令和2年度である証明書には、令和元年分(1月1日から12月31日まで)の所得額が表示されます。
  • 証明書には、所得額・所得控除額・課税額が表示されますが、ご希望により、所得控除額・課税額を省略することができます。ただし、使用目的によっては省略できないことがあります。
  • 収入が一切なくても証明書を交付することができますが、この場合は市役所税務課窓口での所得の申告が必要です。電話していただければ、申告が必要かどうかお答えします。

納税に関する証明書について

  • 市税の納付に関して証明するものです。
  • この申請書で取得することができる「納税に関する証明書」は次の3種類です。
  1. 車検用納税証明書…軽自動車税(種別割)の滞納がないことの証明で、軽自動車などの継続検査(車検)を受ける際に必要な証明書です。
  2. 完納証明書…証明日現在において、刈谷市税の滞納がないことが証明されます。この証明書には、税目や税額は記載されません。
  3. 納税証明書…年度・税目ごとに納付すべき税額、証明日時点で納付してある税額及び未納税額が証明されます。

固定資産に関する証明書について

  • 1月1日現在の固定資産課税台帳の記載事項が証明されます。
  • この申請書で取得することができる「固定資産に関する証明書」は次の6種類で、主な証明事項はそれぞれ次のとおりです。
  1. 評価証明書…所有者、地積(床面積)、評価額
  2. 公課証明書…所有者、地積(床面積)、評価額、固定資産税・都市計画税の税額
  3. 土地物件証明書…所有者、地番、地目、地積
  4. 家屋物件証明書…所有者、用途、構造、建築年次
  5. 無資産証明書…固定資産課税台帳(土地及び家屋)に登録されていないことの証明
  6. 名寄帳の写し…所有者、地積(床面積)、評価額、固定資産税・都市計画税の税額

 ※名寄帳の写しには、証明印は押印されません。

事業所証明書について

  • 法人などの事業所を刈谷市に登録していることを証明するものです。

記入上の注意

  • 窓口に来られる人が本人または同一世帯の親族でない場合は、委任状が必要です。(車検用納税証明書、土地・家屋の物件証明書、事業所証明書を除く。)
  • なお、同一世帯の親族が窓口に来られる場合でも、市外在住で本市の住民登録情報により、同一世帯の事実が確認できないときは、委任状が必要です。

所得に関する証明書について

  • 証明書の使用目的によっては、手数料が無料となる場合がありますので、使用目的の欄は必ず記入してください。使用目的の欄に該当する理由がない場合は、その他の( )内に使用目的を具体的に記入してください。

納税に関する証明書について

  • 納税義務者が法人の場合は、申請書に代表者印の押印が必要です。その際、窓口に来られた方(申請者)の欄には、ご担当者の氏名を記入してください。
  • 使用目的によって、証明書の種類が異なることがありますので、使用目的の欄は必ず記入してください。使用目的の欄に該当する理由がない場合は、その他の( )内に使用目的を記入してください。
  • 納税証明書は前10年度分まで発行できますが、前5年度より前のものは、発行までに1週間程度かかる場合があります。

固定資産に関する証明書について

  • 納税義務者が法人の場合は、申請書に代表者印の押印が必要です。その際、窓口に来られた方(申請者)の欄には、ご担当者の氏名を記入してください。
  • 相続人からの申請・委任の場合は、相続の発生・相続関係が確認できる書類の提示をお願いすることがあります。
  • 証明書は前10年度分まで発行できます。
  • 1月2日以後に所有者の変更、土地の分筆・合筆、家屋の新築等の異動があった場合でも、異動後の内容では発行できません。
  • 1月2日以後に分筆・合筆した土地に所有権移転があった場合は、新所有者に対して証明書を交付できないことがありますので、あらかじめ税務課土地係(電話:0566-62-1008)に相談してください。

手数料

  • 所得に関する証明書…各年度 1通 200円
  • 納税に関する証明書…1通 200円(車検用納税証明書は無料)
  • 固定資産に関する証明書…各年度 1通 200円(名寄帳の写しは100円)
  • 事業所証明書…1通 200円

受付窓口

  • 市役所税務課
  • 富士松支所
  • 東刈谷・小垣江・北部市民センター内の各出張所

受付時間

 月曜日から金曜日まで:午前8時30分から午後5時15分まで
 ただし、祝日及び年末年始(12月29日から1月3日まで)は、受付できません。

その他

  • 詳細については市税に関する証明書の取得方法をご覧ください。
  • 郵送での申請も受付します。必要書類を税務課へ送付してください。
  • 申請する人が本人でない場合は委任状が必要です。(車検用納税証明書、土地・家屋の物件証明書、事業所証明書を除く。)

郵送で申請する場合の必要書類

  1. 申請書(申請書には日中に連絡できる電話番号を必ず記入してください。
  2. 手数料分の定額小為替証書(郵便局でお求めください。)
  3. 返信用封筒(返信先の住所、氏名を記入して必要分の切手を貼付してください。なお、料金不足にならないよう切手の金額にはご注意ください。)
  4. 運転免許証等の本人確認ができる書類のコピー(税証明交付申請時の本人確認のページをご参照ください。)
  5. 固定資産に関する証明書に限り、1月2日以後に所有者の変更等があった場合は、その事実を証する書類

あて先

〒448-8501 刈谷市役所税務課 (個別郵便番号ですので住所の記載は不要です。)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

税務課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1205(税制係・市民税係)0566-62-1008(土地係・家屋係) FAX:0566-62-1203

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る