このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

野田地区

更新日:2013年10月3日

☆こんなまちです うちのまち☆

野田地区

歴史ある野田の行事を伝えて

 野田地区は刈谷市の南東部に位置し、野田町、松栄町、東刈谷町、板倉町、末広町と新しい町など9町からなり、人口2万4千を越す市内最大の地区です。
 白鳳5年(676年)創建と伝えられる野田八幡宮があり、野田郷は八幡宮と三豊稲荷を中心に発展したと言われています。
 野田八幡宮の森は「今留(いまる)の森」と呼ばれ、豊かな緑が二酸化炭素を吸収し、酸素を発散してくれます。南部生涯学習センターとともに住民の憩いと自然に親しむ集まりの場となっています。
 歴史ある神社仏閣が多い野田地区には、古来の行事が伝わっており、8月だけでも地区挙げての盆踊り、地蔵盆、雨乞笠おどりの3つの伝統行事があります。
 盆踊り大会の初日では踊りの前に物故者に黙祷、読経し民俗性ある神事が年中行事として伝えられています。野田地区では先人を敬い、感謝する営みが伝承されています。

「野田地区盆踊り大会」 盆踊り前、地区の物故者追弔会

「地蔵盆」地区五か所で読経

「野田雨乞笠おどり」野田八幡宮境内

 また、野田地区には安城市との市境に東刈谷駅と今年2007年に開業した野田新町駅2つの鉄道駅があります。野田新町の南一帯は歴史の宝庫で、野田史料館があり、加藤与五郎博士生誕の地として知られています。

 (平成19年10月15日号市民だより掲載)

関連情報

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。野田地区自治会ホームページ(外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます)

お問い合わせ

市民協働課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-95-0002 FAX:0566-27-9652

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る