このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

道路交通法の改正について(平成29年3月12日施行)

更新日:2017年3月10日

高齢運転者対策の推進

臨時認知機能検査・臨時高齢者講習の新設

《臨時認知機能検査》

 75歳以上の運転者が、認知機能が低下したときに起こしやすい違反行為をしたときは、臨時認知機能検査を受けなければなりません。

《臨時高齢者講習》

 臨時認知機能検査を受け、認知機能の低下が運転に影響する恐れがあると判断された高齢者は、臨時高齢者講習(個別指導と実車指導)を受けなければなりません。

臨時適性検査制度の見直し

 認知機能検査で認知症の恐れがあると判断された高齢者は、違反の有無を問わず臨時適性検査(医師の診断)を受け、または命令に従い主治医などの診断書を提出しなければなりません。

高齢者講習の合理化

 高齢者講習は、75歳未満の人や、認知機能検査で認知機能の低下の恐れがないと判断された人に対しては、2時間に短縮されます。その他の人に対しては、個別指導を含む3時間の講習となります。

準中型免許の新設

準中型免許の新設

 準中型免許では、車両総重量7.5トン未満(最大積載量4.5トン未満)の自動車を運転できます。(普通自動車も運転できます)
 普通免許で運転できる自動車は、車両総重量3.5トン未満(最大積載量2トン未満)となります。

準中型免許の受験資格・教習日数

 準中型免許は、18歳から普通免許なしでも取得できます。教習では、最短17日で取得可能です。

準中型免許に係る初心運転者期間制度

 初めて準中型免許を取得した人は、準中型自動車を運転するときには1年間初心者マークを付けなければなりません

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。愛知県警察 新たな高齢者講習制度・準中型運転免許等の概要

お問い合わせ

刈谷警察署 交通課
電話:0566-22-0110

お問い合わせ

くらし安心課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1010(交通防犯係) 0566-62-1058(市民相談係) FAX:0566-27-9652

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る