このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

子どもインフルエンザ予防接種費用の一部助成について

更新日:2020年9月28日

刈谷市では、新型コロナウイルス感染症の影響等を踏まえ、子育て世帯の経済的負担の軽減及びインフルエンザと新型コロナウイルス感染症が同時に流行した場合におけるリスクの低減を目的として、子どものインフルエンザ予防接種費用の一部助成を行います。

インフルエンザとは

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こります。インフルエンザにかかった人が咳やくしゃみなどをすることにより、ウイルスが空気中に広がり、それを吸い込むことによって感染します。
インフルエンザの流行は、通常、初冬から春先にみられますが、ときには春期、夏期にもみられます。主な症状は、突然の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などで、のどの痛み、咳、鼻水などもみられます。普通の風邪に比べて全身症状が強いのが特徴です。また、重症化した場合、子どもではまれに急性脳症を伴うことがあることもインフルエンザの特徴です。

助成の内容

対象者と助成回数

刈谷市に住民登録のある、以下の対象年齢に該当する人

対象年齢

平成20年4月2日~令和2年6月30日生まれ
(生後6か月~小学生)

平成17年4月2日~平成20年4月1日生まれ
(中学生)

助成回数2回

1回

※1回目と2回目は2~4週間あけてください。免疫効果を考えると4週間あけることを推奨します。

市の助成額

1回あたり1,000円

助成期間

令和2年10月15日~令和3年1月31日

持ち物

母子健康手帳、健康保険証、刈谷市が発行した子ども医療費受給者証等、接種費用(自己負担額分・医療機関により異なる)

予防接種の受け方

1. 市内指定医療機関に予約をします。

   ※接種期間、接種対象年齢、接種費用等は各医療機関によって異なります。予約の際に医療機関へお
    問い合わせください。
   ※市外の医療機関での接種は、助成対象にはなりません。   

2. 医療機関にある「刈谷市子どもインフルエンザ予防接種費臨時助成金交付申請書」を記入します。
   ※申請書は下記よりダウンロードもできます。


3. 医療機関で予診票を記入し、医師から説明を受けた上で、接種を受けます。

  
4. 医療機関が設定した金額から市の助成金を差し引いた金額を支払います。
   ※健康保険組合の費用助成との併用は可能です。併用される場合は、事前に医療機関へお申し出
    ください。

任意接種について

インフルエンザ予防接種が、予防接種法に基づかない予防接種(任意接種)であり、必ず受けなければならないものではありません。健康被害が発生した場合は、独立法人医薬品医療機器総合機構法に基づく救済となります。

参考

厚生労働省から、別添のとおり接種時期ご協力のお願いが発出されていますが、10月26日以前の接種を妨げるものではありません。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。季節性インフルエンザワクチン接種時期ご協力のお願い(厚生労働省)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

子育て支援課
刈谷市若松町3丁目8番地2
電話:0566-23-8877 FAX:0566-26-0505

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

予防接種

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る