このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

熱中症対策を始めていますか?

更新日:2017年5月17日

気温が高くなる日が増えてきました。
熱中症は、真夏を迎える前でも油断は禁物です。急に熱くなった日に多く発生しています。また、気温などの環境条件だけでなく、体調や暑さへの慣れなども影響し、室内でも起こります。適切な予防法を身につけ、熱中症を予防しましょう。

熱中症予防のポイント

こまめな水分補給をしましょう。

のどが渇く前に水分補給することが大切です。たくさん汗をかいたときは、塩分を補給することも必要です。スポーツドリンクや経口補水液が適当です。

暑さを避けましょう。

炎天下の外出を控え、日陰を利用することや服装を工夫しましょう。

環境調整

気温が高い日や湿度が高い日には決して無理な節電はせず、扇風機やエアコンを使った温度調整をしましょう。
換気、遮光カーテン、すだれ、保冷剤、氷、冷たいタオルを活用しましょう。
温度28度、湿度70%以下を目安にしてください。

衣服

通気性(締め付けない、袖や首まわりが広くゆったりしているもの)が良く、吸湿・速乾の衣類着用、帽子や日傘を利用しましょう。

高齢者の注意点

高齢者は、体内の水分量が少ない、のどの渇きを感じにくいなどの理由から脱水症状を起こしやすいので注意をしましょう。

  • のどが渇かなくても水分補給をしましょう。トイレが心配で水分を控えるのは危険です。
  • 室温計をおき、エアコンや扇風機を上手に利用しましょう。
  • ご家族やご近所などでお互いに声を掛け合いましょう。
  • 体調不良時は無理をしないようにしましょう。

乳幼児の注意点

乳幼児は体温の調節を上手にできません。また、地面に近いほど気温が高いため、大人以上に暑い環境にいます。

  • こまめに水分補給し、十分な休憩を与えましょう。
  • 涼しい服装を選び、ベビーカーのひさしをかぶせるなどして熱を防ぎましょう。
  • 車内放置は厳禁です!
  • お子さんを十分に観察しましょう。体が熱い、元気がない、唇が乾燥している、は要注意です。

熱中症の対処法

暑い環境の中で、めまいや頭痛、吐き気などがしてきたら熱中症であることを疑い、すぐに風通しのよい涼しいところで、体を冷やし、水分や塩分を補給することが大切です。
自力で水分を摂取できない、意識障害や気分が悪い等の症状が改善しない場合は、すぐに医療機関を受診してください。

その他

熱中症予防についてのリーフレットを下記よりダウンロードできます。ぜひ熱中症予防に活用してください。
また、環境省の熱中症予防サイトでは、熱中症の対処方法や3時間ごとの暑さ指数の予報値などが提供されています。
気象庁のサイトでは、高温注意情報が提供されています。
以下の関連情報から見ることができます。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。環境省熱中症予防情報サイト

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。気象庁高温注意報

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。消防庁熱中症情報

(外部サイトへリンク新規ウインドウで開きます)

Adobe Readerのダウンロード

Adobe Readerのダウンロード PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Readerが必要です。

お問い合わせ

保健センター(健康推進課)
刈谷市若松町3-8-2
電話:0566-23-8877 FAX:0566-26-0505

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る