このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

未熟児養育医療費の給付

更新日:2017年11月13日

未熟児養育医療給付事業では、身体の発育が未熟なまま生まれ、医師から入院療養の必要があると認められた未熟児に対し、指定医療機関において適正な養育を行うことを目的として、必要な医療費の一部を公費で負担します。

対象者

刈谷市に住所を有し、次のいずれかに該当する、医師が入院養育を必要と認めた満1歳未満の入院中の未熟児。

  1. 出生時の体重が2,000グラム以下である。
  2. 生活力が特に薄弱であって、次のいずれかの症状がある。

 (1)一般状態
  ア 運動不安、けいれんがあるもの
  イ 運動が異常に少ないもの
 (2)体温が摂氏34度以下のもの
 (3)呼吸器、循環器系
  ア 強度のチアノーゼが持続するもの、チアノーゼ発作を繰り返すもの
  イ 呼吸数が毎分50を超えて増加の傾向にあるか、または毎分30以下のもの
  ウ 出血傾向の強いもの
 (4)消化器系
  ア 生後24時間以上排便のないもの
  イ 生後48時間以上嘔吐が持続しているもの
  ウ 血性吐物、血性便のあるもの
 (5)黄疸が生後数時間以内に現れるか、異常に強い黄疸のあるもの

給付対象となる費用について

指定医療機関での入院治療で生じる次の費用の自己負担分が給付対象となります。

  • 保険給付の対象となる医療費
  • ミルク代

指定医療機関で養育医療券を提示することにより、上記にかかる病院窓口での自己負担がなくなります。
(医療券に記載される所得階層区分に応じて自己負担額が発生しますが、子ども医療費の助成制度の対象となるため、子ども医療費として請求することができ、自己負担は発生しません。)

※おむつ代等の保険適用外の費用等は、別途自己負担となります。

給付期間について

給付期間は、医師が治療を認めた期間で、原則3か月未満です。
市役所にて申請の上、養育医療券の交付を受けたら、お早めに医療機関にご提示ください。

※退院後の申請は受付できませんので、医師から対象者であるとの診断を受けたら、速やかに申請をしてください。

未熟児養育医療給付申請に必要なもの

  • 子どもの名前の載った被保険者証
  • 養育医療意見書(指定医療機関の医師が記入したもの)
  • 世帯員の所得を証明する書類(源泉徴収票、確定申告書の控え等)・・・市で前年中(1月から6月に申請される場合は前々年中)の所得の確認ができる人は不要です。
  • 認印(朱肉で押すもの)
  • 申請者の身分証明書(運転免許証やパスポート等の公的な写真付き身分証明書の場合は1点、健康保険証や年金手帳等の写真のない身分証明書の場合は2点の証明書の提示が必要です。)
  • 世帯員全員のマイナンバー通知カードや個人番号カード等、マイナンバーの確認できるもの

※マイナンバー制度の開始に伴い、世帯員の課税情報及び生活保護受給状況等の確認をさせていただきますが、確認できる情報が限られているため、最近転入された方などは、所得を証明する書類の提出が必要です。

申請後の変更手続きについて

次に該当する場合は、再度手続きが必要です。

  • 氏名、住所に変更があったとき
  • 加入している医療保険又はその内容に変更があったとき
  • 医師により、3か月以上継続して入院治療が必要と認められたとき
  • 医師の指示により、転院が必要となったとき

各手続きに必要な書類については、下記までお問い合わせください。

お問い合わせ

国保年金課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1011(国民年金係) 0566-62-1206(国保賦課・給付係) 0566-62-1207(医療係) FAX:0566-24-2466

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る