このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

後期高齢者福祉医療費の助成

更新日:2017年4月1日

後期高齢者福祉医療費助成制度

後期高齢者医療制度に加入している人のうち、以下の対象となる人に対し、医療費の助成を行っています。

対象となる人 助成の内容

後期高齢者医療制度に加入している人であって、次のいずれかに該当する人

  • 心身障害者医療、母子家庭等医療の受給資格に該当する人
  • 精神障害者保健福祉手帳1・2級の人
  • 独り暮らし(近隣に親族が住んでいない)で市民税非課税かつ税法上の被扶養者ではない人
  • 3ヶ月以上寝たきりの人または3ヶ月以上認知症の状態の人(重度もしくは中度の状態であること)でその世帯の主たる生計維持者が市民税非課税の人
  • 精神保健福祉法による措置入院患者
  • 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律による命令入所患者及びそれと同等の要件を有すると認められた人

「後期高齢者福祉医療費受給者証」の交付対象となり、医療機関に受診する際の保険診療の自己負担分を助成します。
 
○医療機関に受診される際には、

  • 後期高齢者医療被保険者証
  • 後期高齢者福祉医療費受給者証

を提示することにより、保険診療の自己負担分が窓口にて無料となります。
 受給者証を提示せず医療機関に受診された場合あるいは県外医療機関に受診された場合は、市役所にて支給申請をすることができます。

 後期高齢者医療制度に加入している人であって、自立支援医療を受給しており、上記「後期高齢者福祉医療費受給者証」の対象に該当しない人

自立支援医療指定の医療機関に外来受診する際の保険診療の自己負担分を助成します。
 
○自立支援医療の指定医療機関に受診される際には、

  • 後期高齢者医療被保険者証
  • 自立支援医療受給者証
  • 後期高齢者福祉医療費(通院)受給者証

を提示することにより、保険診療の自己負担分が窓口にて無料となります。
 受給者証を提示せず医療機関に受診された場合あるいは県外医療機関に受診された場合は、市役所にて支給申請をすることができます。

 後期高齢者医療制度に加入している人であって、精神科に入院しており、上記「後期高齢者福祉医療費受給者証」の対象に該当しない人 入院中の医療機関で支払った保険診療の自己負担分の半額を助成します。
 認定申請を受けることで入院医療費の自己負担分の半額が助成されます。助成対象となるのは、認定申請をした月の初日、もしくは診断書に記載されている入院開始日のいずれか遅い日からです。
 その後、領収書を持参し、市役所にて支給申請が必要です。

お問い合わせ

国保年金課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1011(国民年金係) 0566-62-1206(国保賦課・給付係) 0566-62-1207(医療係) FAX:0566-24-2466

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る