このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
刈谷市 人が輝く安心快適な産業文化都市
トップページに戻る
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • 携帯サイト
  • Multilingual
サイトメニューここまで

本文ここから

退職者医療制度

更新日:2015年4月1日

 退職者医療制度は平成27年4月1日以降廃止となりました。しかし平成27年3月31日までに退職者医療制度の対象となった人、もしくは対象となる要件を満たしていた人は、これまでと同様に退職者医療制度で医療を受けます。

退職者医療制度とは

 会社や役所などに長年勤めて退職し、厚生年金や共済年金を受けることのできる65歳未満の人と、その65歳未満の被扶養者は、退職者医療制度で医療を受けます。
 退職者医療制度を届け出ることで、自己負担割合や国民健康保険税が変更されることはありませんが、この制度に該当する方が医療を受けた場合、かつて勤務していた職場の健康保険などが出し合う拠出金を医療費に充てることができ、国民健康保険からの給付の負担を抑えることができます。

対象になる人

退職被保険者

 次の条件のすべてに該当する人が対象です。

  • 厚生年金、船員保険、または各種共済組合の老齢(退職)年金または通算老齢(退職)年金の加入期間が20年(240月)以上または40歳以後の期間が10年(120月)以上あり、それらの受給権が発生している人
  • 上記の受給権発生日から平成27年3月31日までの間に国民健康保険へ加入している65歳未満の人

退職被扶養者

 次の条件のすべてに該当する人が対象です。

  • 国民健康保険に加入している65歳未満の人
  • 退職被保険者と同一世帯内の配偶者及び三親等以内の親族で、主として退職者本人の収入によって生計を維持されている人
  • 年間の収入が130万円(60歳以上の人や障害のある人は180万円)未満の人

65歳になると一般被保険者に自動的に変更されます

 退職被保険者が65歳になった月の翌月(1日生まれの人は65歳になった月)から退職被保険者とその退職被扶養者は一般被保険者に自動的に変更されます。
 退職被扶養者が65歳になったときは、その退職被扶養者のみ一般被保険者に変更されます。いずれの場合も一般被保険者に該当する日に間に合うよう、世帯主あてに国民健康保険一般被保険者証を簡易書留で郵送します。

お問い合わせ

国保年金課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1011(国民年金係) 0566-62-1206(国保賦課・給付係) 0566-62-1207(医療係) FAX:0566-24-2466

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

国民健康保険

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

刈谷市役所

〒448-8501 愛知県刈谷市東陽町1丁目1番地
電話番号:0566-23-1111(代表)
開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜日・日曜日、祝日及び年末年始は休み)
Copyright © 2012 Kariya City,Aichi,Japan. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る